資料保全室の仕事

平成29年6月更新

 図書館は、所蔵資料を常に良好な状態に保ち、求めに応じていつでも提供できるようにしています。また、都立図書館は江戸時代の和装本など貴重な資料も数多く所蔵しており、これら貴重な文化遺産を後世に伝える使命を負っています。そのため、都立図書館は明治41年(1908)、前身の東京市立日比谷図書館開館以来、修理専門の部署を置き、現在、次のような仕事を行っています。

  1. 資料の保存対策全般についての企画・調査・研究
  2. 脆弱な造本の新刊書について、書架に並べる前に厚表紙をつけるなどの事前の手当て
  3. 経年や利用などにより劣化・損傷した資料の修理
  4. 江戸期以前の和装本の修理
  5. 酸性紙を使用した資料の劣化抑制処理
  6. 区市町村立図書館や他の都の施設(首都大学東京図書館、議会図書館など)への技術指導・支援 など
作業風景の画像
作業風景
研修会の様子の画像
研修会の様子

マニュアル・テキスト類

和装本の修理

洋装本の修理

その他

Adobe Acrobat Reader PDF形式のファイルを御覧いただくには、Adobe Acrobat Reader4.0以上をインストールする必要があります。
お持ちでない方は左横のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ▲