あしか

◇ 8月 おばけの本

おばけのひっこしの画像  むかし、京のまちに、みぶんのたかい、おとどがいました。もっとひろい、いえをさがしているとき、大きなあきやがあったので、みていると、きんじょの人が「ここはおばけがすんでいるから、おやめなされ」といいました。おとどは「かんらかんら」とわらって「わしはこわくないぞ」といいました。

 さがら あつこ 文
 沼野 正子 絵
 福音館書店
がたごとがたごとの画像  おきゃくがのります。ぞろぞろぞろ。ガタゴト、ガタゴト、きしゃは はしります。ガタゴト、ガタゴト、シュー・・・。えきにつきました。おきゃくが おります。ぞろぞろぞろ。あれあれ、おりてきたのは、ひとつ目こぞう、ろくろくび、へんなおきゃくばっかりです。

 内田 麟太郎 文
 西村 繁男 絵
 童心社
おばけのジョージーおおてがらの画像  ちいさなおばけのジョージーは、ホイッティカーさんの家のやねうらべやにすんでいます。ジョージーはとてもはずかしがりやで、人をおどかすことなどできません。あるばん、ホイッティカーさんとおくさんがでかけると、黒いふくめんをしたふたりのどろぼうがやってきました....。

 ロバート・ブライト 作・絵
 なかがわ ちひろ 訳
 徳間書店
小さいおばけの画像  ドイツのフクロウ城に小さいおばけが住んでいます。毎晩12時に目をさまし、13このかぎがついた かぎたばをもってさんぽにでかけます。かぎたばをひとふりすると、どのとびらもたちまち開きます。でも、小さいおばけは、1時間しか起きていられません。ぜひとも、昼間の世界を見てみたいと思いました。

 オトフリート・プロイスラー 作
 フランツ・ヨーゼフ・トリップ 絵
 はたさわ ゆうこ 訳
 徳間書店
紳士とオバケ氏の画像  マジノ・マジヒコ氏は、まじめな紳士で、規則正しい生活を送っています。ある日曜日、十二時きっかりに、昼食のしたくをして、居間にお盆を運びました。すると自分のいすに白い服を着た人がプカンと浮かんでいます。ふりむくと、その人の顔はマジノ氏そっくりでした。

 たかどの ほうこ 作
 飯野 和好 絵
 フレーベル館

おばけの本もっと

うさんごろとおばけ 瀬名 恵子 作・絵 グランまま社
おばけとこどものおうさま にしかわ おさむ さく・え PHP研究所
おばけのバーバパパ アネット・チゾン さく
タラス・テイラー さく
やました はるお やく
偕成社
おばけパーティ ジャック・デュケノワ さく
おおさわ あきら やく
ほるぷ出版
森おばけ 中川 李枝子 さく
山脇 百合子 え
福音館書店

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)