◇雨の本

雨の本

 

ほらあめだ! あめはどこからやってくるのでしょうか。あめはくもからふってきます。あめはどのようにしてつくられるのでしょうか。あめのひみつをしりたくありませんか?

『ほらあめだ! 』
フランクリン M.ブランリー さく
福音館書店
ごきげんいかががちょうおくさん あるあさのこと、がちょうおくさんのあまぐつがなくなりました。おくさんはあまぐつをさがしますが、どこにもありません。つぎのあさ、あめのなかでかけようとすると、おもいもよらないところからあまぐつがでてきます。

『ごきげんいかががちょうおくさん』(1.あまぐつがない!)
ミリアム・クラーク・ポター さく
福音館書店
かえるのエルタ ある日、かんたはかえるのおもちゃをひろい、エルタとなまえをつけました。つぎの日、雨がふると、エルタが歌いだし、かんたの目のまえに青いうみとみどりのふねがあらわれました。ふたりはふねにのり、かえるのおしろがある「うたえみどりのしま」へとでかけます。

『かえるのエルタ』
中川李枝子 さく
福音館書店
おじさんのかさ おじさんは、とってもりっぱなかさをもっていました。でも、かさがぬれるので、あめがふってもかさをさしません。あるあめのひに、こどもたちのうたをきいたおじさんは、かさをひらいてみました。
 
『おじさんのかさ』
佐野 洋子 作・絵
講談社
まりーちゃんとおおあめ おおあめでおがわのみずがあふれて、あたりいちめんみずびたし。みずはまりーちゃんのおうちにちかづきます。おうちのなかにはたべものも、のみものもありません。みんなはたすけがくるのをただまっているだけになりました。
 
『まりーちゃんとおおあめ』
フランソワーズ ぶん・え
福音館書
あめがふるときちょうちょはどこへ   あめのひ、ねこはげんかんにかけこみます。ことりはつばさのしたにあたまをいれてあめをよけるし、みずのなかのさかなにあめはふりません。ちょうちょうはあめではねがぬれたらとべません。あめがふるとき、ちょうちょうはどこへいくのでしょう?
 
『あめがふるときちょうちょはどこへ』
金の星社

雨の本 もっと

コッコさんとあめふり 片山 健 さく・え 福音館書店
あめのひ ユリー・シュルヴィッツ 作・画 福音館書店
ふるやのもり 瀬田 貞二 再話             福音館書店
月のしずくの子どもたち ローラ・クラウス・メルメッド 文
BL出版
雨のち晴 東京子ども図書館 編纂  東京子ども図書館
水の伝説
 たつみや 章 著 講談社

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)