特別コレクション 第57回 山東京伝の世界

2017年3月29日更新

 特別文庫室は、江戸から明治の資料を中心に、15の文庫で約24万3千点の資料を所蔵しています。今回は、2016年に没後200年を迎えた山東京伝(さんとうきょうでん)の著作10点を、加賀文庫・特別買上文庫の資料を中心にご紹介します。
 山東京伝(宝暦11年(1761)~文化13年(1816))は、黄表紙・洒落本作家で、浮世絵師「北尾政演(まさのぶ)」としても知られています。
 京伝は、本名を岩瀬醒(さむる)といい、江戸深川に生まれ、後に京橋銀座一丁目に移り住みます。若くして北尾重政(しげまさ)に入門して浮世絵を学び、安永7年(1778)18歳で黄表紙「開帳利益札遊合(かいちょうりやくのめくりあい)」に、北尾政演の名で初めて画工として名を表します。
 安永9年(1780)、黄表紙「娘敵討古郷錦(むすめかたきうちこきょうのにしき)」「米饅頭始(よねまんじゅうのはじまり)」の二作品に、京伝戯作・政演画作として作者にも進出し、天明2年(1782)の「(手前勝手)御存商売物(ごぞんじのしょうばいもの)」が、当時の文壇の指導者であった大田南畝(おおたなんぽ)に認められ、花形作者となります。
 また、早くから吉原などの遊郭に親しんでいた京伝は、その実体験を活かして洒落本に進出し、その第一人者となります。
 その後「青楼昼之世界錦之裏(せいろうひるのせかいにしきのうら)」「娼妓絹篩(しょうぎきぬぶるい)」「仕懸文庫(しかけぶんこ)」の三作品が寛政の改革の出版物取締令に触れ、京伝は手鎖五十日の刑を受けます。
 やがて読本(よみほん)の世界に進出し、「忠臣水滸伝(ちゅうしんすいこでん)」「昔話稲妻表紙(むかしがたりいなずまびょうし)」などで独自の境地を開きますが、中国文学に明るく、重厚な作品を書き上げてきた、かつての門人曲亭馬琴に次第に圧倒されるようなります。
 晩年は近世初期の人物や風俗などの考証研究に没頭し、文化11年(1814)から文化12年(1815)にかけて、「骨董集(こっとうしゅう)」の上編の三巻を刊行しましたが、未完に終わっています。 

 
特別文庫室のご案内へ

 

江戸生艶気樺焼の画像
客衆肝照子の画像 通言総籬の画像 傾城買四十八手の画像 仕懸文庫の画像
1. 江戸生艶気樺焼(143KB) 2. 客衆肝照子(154KB) 3. 通言総籬(158KB) 4. 傾城買四十八手(145KB) 5. 仕懸文庫(167KB)
忠臣水滸伝の画像 桜姫全伝曙草紙の画像 昔話稲妻表紙の画像 近世奇跡考の画像 ヘマムシ入道昔話の画像
6. 忠臣水滸伝(146KB) 7. 桜姫全伝曙草紙(153KB) 8. 昔話稲妻表紙(150KB) 9. 近世奇跡考(127KB) 10. ヘマムシ入道昔話(195KB)

 

このページの先頭へ▲