3. 飛龍狸 神変白狐の巻  活劇もの

飛龍狸 神変白狐の巻 

Copyright (C) 2003 東京都立多摩図書館児童青少年資料係 All Rights Reserved.
無断で転載・転用することを禁止します。

武蔵住人 作 けんじろ- 線 岡本てつや 色 なかよし会 [19--]
第21巻 

 当館は全21巻所蔵。画面に作者の記載のないものもある。各巻11枚。34×49cmの大型紙芝居。16巻の画面裏には1956.4.14の日付の記載がある。

 活劇もの。この画像は第21巻の2枚目。主人公の飛龍狸と九尾の狐の最後の大決戦の火ぶたが切っておとされようという場面。緑を背景に赤の飛龍狸と白九尾の狐の対比もあざやかで、緊迫感がただよう。
 唐からやってきた九尾の狐が萩乃という女性にとりつき、眷属を引き連れて、阿波の国の飛龍狸とその眷属と戦う。波乱万丈の物語。美しき乙女萩乃の運命やいかに。

 

このページの先頭へ▲