東京文化財ウィーク2015参加企画展

2016年3月15日更新

平成27年度企画展示

「江戸城から明治宮殿へ―首都東京の幕開け―」

東京文化財ウィーク2015参加事業
 平成27年10月31日(土)から11月15日(日)にかけて、東京都公文書館との共催により、企画展示「江戸城から明治宮殿へ―首都東京の幕開け―」を開催しました。
 江戸城は、明治時代に入ると皇居となり、明治21年(1888)には現在の宮殿の前身にあたる「明治宮殿」が建てられました。明治宮殿は、明治時代前半の日本を代表する建築物であり、明治・大正・昭和の三代にわたる皇居となりました。
 本展示では、都立中央図書館が所蔵する重要文化財「江戸城造営関係資料(甲良(こうら)家伝来)」や「木子(きこ)文庫」の建築図面(明治宮殿の造営に深い関わりのあった木子家旧蔵)、東京都公文書館が所蔵する重要文化財「東京府・東京市行政文書」(平成26年度に新指定)等を展示し、江戸城から皇居への変遷を通じて、幕末の江戸から近代国家の首都東京への歩みをご紹介しました。

画像をクリックすると拡大します。

会場入口
会場入口(236KB)

会場風景1
会場風景 1(216KB)

会場風景2
会場風景 2(228KB)

第二会場
第二会場(212KB)

ポスターは以下をクリックしてご覧ください。

ポスター(PDF形式 889KB)
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は以下よりご入手ください。(無料)

Adobe Acrobat Reader

会場入口 会場風景1 会場風景2 第二会場

このページの先頭へ▲