『国分寺散策』の巻

平成29年2月9日作成
情報サービス課都市・東京情報担当

「29年1月29日(日曜)都立多摩図書館 移転オープン!」(報道発表資料 平成28年12月1日 教育庁)

「伝統衣装でまち散歩in国分寺・府中モニターツアー募集」​(報道発表資料 平成28年12月9日 教育庁)

                       

このほかのクローズアップ都市・東京情報
Pick up 情報の泉


このコーナーでは、都政や東京のニュースや話題をとりあげ、インターネット情報と都立図書館の資料をご紹介します。
さらに詳しい情報をお求めの場合には、ご来館いただくか、電話(03-3442-8451)、Eメールレファレンス、文書でお問い合わせください。
以下の期間中、このページで紹介している資料を都立中央図書館1階の都市・東京情報コーナーで展示しています。ぜひご来館ください。
「国分寺散策」 
平成29年2月10日(金)~3月1日(水)(休館日:2月17日(金))

1月29日、ついに都立多摩図書館が立川市から国分寺市へ移転オープンしました。多摩図書館では昨年の8月から移転期間に入り、新多摩図書館オープンの準備を進めてきました。東京マガジンバンクや児童青少年サービスはもちろん、新たにセミナールームやカフェも設置され、今まで以上に利用の幅が広がっています。 

移転オープンを記念した各種イベント等も行われ、多くの方が新多摩図書館を利用することと思われますが、新たな移転先である国分寺にはこの他にもたくさんの魅力ある場所があります。
 
今回のクローズアップ都市・東京情報では、国分寺市の歴史や周辺の名所等について、当館所蔵の資料等をご紹介します。

 

*参考
クローズアップ都市・東京情報『2013年多摩地域に注目』の巻(2013年7月)

☆印は都立中央図書館所蔵の資料です。★印はインターネットのホームページで関連の情報を見ることができます。
 

国分寺市の歴史

『ふるさと国分寺』星野信夫監修 郷土出版社 2014.12(DT/ 65・210/ 5021/ 2014)
国分寺市市制施行50周年記念につくられた写真集です。貴重な写真だけでなく、それぞれに解説もついています。

『国分寺・国立今昔写真帖』能地泰規監修 郷土出版社 2009.11(DT/ 65・210/ 5016/ 2009)

『ふるさと国分寺のあゆみ』国分寺市史編さん委員会編 国分寺市教育委員会 2007.3(T/ 65・210/ 5008/ 2007)
 国分寺市の市史です。普及版として、若い方々にも親しんでいけるよう比較的わかりやすい文章で書かれています。

『大昔の国分寺』国分寺市教育委員会編 国分寺市教育委員会 1995(T/ 66・24/ 3001/)
大昔の国分寺に関する事柄を、発掘調査の成果を中心に説明しています。
 
国分寺市公式ホームページ 国分寺市

デジタル博物館 国分寺市立図書館
国分寺のデジタル博物館です。国分寺市の歴史や市内の史跡・旧跡について、写真や動画で紹介されています。 

名所、旧跡

武蔵国分寺跡

『武蔵国分寺の研究』石村喜英著 明善堂書店 1970(T/ 66・20/ 8/)
武蔵国分寺の変遷・沿革、研究史等、武蔵国分寺に関する総合的な究明がなされています。

『武蔵国分寺図譜』滝口宏編 国分寺市教育委員会 1983.3(T/ 66・20/ 28/)
 昭和39~41年に行われた武蔵国分寺跡の調査結果がまとめられています。わかりやすいよう解説と写真で構成されています。

『鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺』福田信夫著 新泉社 2008.12(T/ 65・210/ 5012/ 2008)
武蔵国分寺の遺跡について、大伽藍を中心にその変遷が辿られています。「歴史のまち国分寺」のまちづくりについても触れられています。

『武蔵国分寺のはなし 見学ガイド』国分寺市教育委員会ふるさと文化財課編集 国分寺市教育委員会 2014.5(T/ 65・185/ 5001/ 2014)
武蔵国分寺の史跡見学の手引書として、国分寺市の遺跡調査の結果がまとめられています。
 
武蔵国分寺跡資料館 国分寺市
おたかの道湧水園の中にある資料館です。おもに史跡武蔵国分寺跡の出土品が展示してあります。

公園、庭園 

『殿ヶ谷戸庭園 市民が守った多摩の文化財庭園』住吉泰男著 東京都公園協会 2007.2(T/ 65・629/ 5002/ 2007)

殿ヶ谷戸庭園 公益財団法人東京都公園協会

都立武蔵国分寺公園―公園へ行こう! 公益財団法人東京都公園協会 
都立武蔵国分寺公園―むさしのの都立公園  西部・武蔵野パートナーズ
 武蔵国分寺公園は西国分寺駅近くにある都立公園です。新多摩図書館からも歩いていくことができます。
 
『国分寺市万葉植物園』星野亮勝 1969(T/ 66・47/ 3/)
国分寺万葉植物園は当時の国分寺住職であった星野氏によって、境内に作られた植物園です。武蔵国分寺が建立された時代が、万葉集ができた時代と重なることから作られました。
 
『国分寺市の万葉植物 改訂版』国分寺市教育委員会編集 国分寺市教育委員会 2002.8(T/ 65・472/ 5001/ 2002)
国分寺万葉植物園で見られる植物が、万葉集の歌とともに紹介されています。 


周辺散策

『国分寺・国立本』枻出版社 2015.9(T/ 65・290/ 5013/ 2015)
国分寺、国立のガイドブックです。飲食店の紹介、縁のある人物のインタビューなども掲載されています。

☆特集 カラフル立川 シンプル国立 クリエイティブ国分寺『散歩の達人』18巻3号通巻204号(2013年3月)
中央線沿いの都市のひとつとして、国分寺の特集が組まれています。
 
『府中・国分寺を歩いてみませんか 東京文化財ウィーク』東京都教育庁地域教育支援部管理課 2014(T/ 60・290/ 5009/ 2014)
数年前の東京文化財ウィークで特集された東京都文化財めぐりのうちのひとつです。史跡や名所を中心とした散策コースが紹介されています。
 
『国分寺のハケと歴史散策地図』ハケの自然を守る会作成 ハケの自然を守る会 2005.3(T/ 65・290/ 5009/ 2005)
ハケと呼ばれる崖線とその周辺の名所が紹介されているマップです。表に国立駅周辺、裏に国分寺駅、西国分寺駅周辺の地図が描かれています。

国分寺物語―ぶんぶんぶら~り国分寺散歩 一般社団法人ニッポニア・ニッポン
国分寺駅を中心に国分寺市の魅力を紹介しているサイトです。
 

このページの先頭へ▲