公開講座「『東京』散歩学」を開催します

申込み受付けフォームにジャンプ

「東京」散歩学では、鉄道網の発達やまちの変遷といった視点から、東京を知り尽くした3 人の講師が、一味違ったまち歩きの楽しみ方をご紹介します。鉄道に乗って、まちを歩いて、見慣れたまちの隠れた魅力を再発見しに出かけてみませんか。

なお、東京都立中央図書館4階企画展示室で、企画展示「東京いまむかし~鉄道網の発達による賑わいの変遷~」を開催します(平成30年1月20日から3月11日まで)。
併せてご覧ください。

日時・テーマ・講師

第1回 「沿線案内図に見る 東京の鉄道発達史」
平成30 年2月4日(日) 午後2時から午後4時まで(午後1時30分受付開始)

今尾 恵介(いまお けいすけ)氏 (地図研究家、(一財)日本地図センター客員研究員)

私鉄沿線開発を紹介した沿線案内図や自身の著作『地図で解明!東京の鉄道発達史』(JTB パブリッシング 2016)を題材に、東京の鉄道網の発達とまちの変遷についてお話しいただきます。

第2回 「東京今昔町あるき」
平成30 年2月10日(土) 午後2時から午後4時まで(午後1時30分受付開始)

泉 麻人(いずみ あさと)氏(コラムニスト)

東京をくまなく歩き、『大東京23 区散歩』(講談社 2016)をはじめとする数多くの著作を書かれた経験を基に、過去から現在までの東京各地域の賑わいの変遷と魅力についてお話しいただきます。

第3回 「『散歩の達人』に学ぶ 街歩きの楽しみ方」
平成30 年2月18日(日) 午後2時から午後4時まで(午後1時30分受付開始)

武田 憲人(たけだ けんじん)氏 (『散歩の達人』統括編集長)

東京を代表する情報誌『散歩の達人』(交通新聞社)の編集に長く携わり、その豊富な取材経験から、今まで気が付かなかった東京の魅力と、これからの東京の展望についてお話しいただきます。

会場

東京都立中央図書館 多目的ホール(4階)

定員

各回100名 (応募者多数の場合は抽選)

参加費

無料

お申込み方法

1 ホームページ または 2 往復はがき のいずれかからお申込み下さい。

1 ホームページ

当ページ下の「公開講座申込み受付フォーム」にお進みください。

2 往復はがき

〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13 東京都立中央図書館 都市・東京情報担当

記入項目 (1)希望する回の講座名(3 講座まで)、(2)住所、(3)氏名(ふりがな)、(4)電話番号
※必要な方は以下も記載してください。
(5)手話通訳又は要約筆記の有無 (6)介助者等座席・車椅子の有無 (7)託児サービス(6か月~未就学児)利用希望の有無(子供の人数と年齢)

締切:平成30年1月14日(日) (はがきは当日消印有効)

お問合せ

東京都立中央図書館
〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13 (有栖川宮記念公園内)
03-3442-8451(代)

公開講座「「東京」散歩学」チラシPDFファイルを表示
公開講座「「東京」散歩学」チラシ(PDFファイル 1.64MB)

公開講座申込み受付フォーム


公開講座の受付は終了しました。またのご利用をお待ちしております。

このページの先頭へ▲