学校支援サービス

平成29年5月31日更新

はじめに

都立図書館は、「第三次東京都子供読書活動推進計画」に基づき、中央図書館、多摩図書館それぞれの特徴を生かし、東京都の児童・生徒の学習活動や学校における読書活動を応援しています。

学校におけるさまざまな調べ学習や読書活動の推進に、都立図書館をどうぞご利用ください。
まずはお気軽にご相談ください。

学校支援サービスメニュー

学校支援サービスは、このような内容で展開しています。

1.学校レファレンス支援サービス

お申し込みはこちらから

学校レファレンス支援サービスの紹介

2.学校の調べ学習を応援します!

調べ学習の受入れ

調べ学習支援ツールの提供

3.学校の読書活動をお手伝いします!

読書活動を支援するガイドブックの紹介

学校支援グッズの紹介

4.学校支援サービス活用例を紹介します!

ご利用の様子

5.オリンピック・パラリンピック教育や読書活動を応援します!

オリンピック・パラリンピック教育のお手伝い

生徒と図書館をつなぐ取組

6.生徒の職場体験の受入れや読み聞かせ等の講師派遣を行っています!

職場体験の受入れ

講師の派遣

 

1.学校レファレンス支援サービス

お申し込みはこちらから

学校レファレンス支援サービスの紹介

  • 総合学習や調べ学習等の授業、学校図書館活動などにご利用の本、また、授業研究、教材研究などに必要な本・資料についてご相談ください。【都内の学校限定】(電話、メール、ファクシミリ、来館)
    • 【都立中央図書館】相談係(電話センター) 電話:03-3442-8451(代)
    • 【都立多摩図書館】児童青少年資料担当 電話:042-359-4109
  • 詳しくは『学校レファレンス支援サービスハンドブック』(PDF形式 1.6MB)をご覧ください。

メニューに戻る

 

2.学校の調べ学習を応援します!

調べ学習の受入れ~都立図書館を授業等で使ってみませんか~

  • 豊富な資料やオンラインデータベースを活用した調べ学習を都立図書館で実施することができます。
  • 司書による図書館活用講座やオンラインデータベース利用方法の説明も可能です。
  • 学年・学級、グループ単位などさまざまな形でのご利用が可能です。まずはご相談ください。
    • 【都立中央図書館】企画経営課 学校支援担当 電話:03-3442-8451(内2225)
    • 【都立多摩図書館】児童青少年資料担当 電話: 042-359-4109

都立図書館は2館あります。特徴に応じてお選びください。

  • 中央図書館

    ・高校生の調べ学習をお手伝いします。
    ・最寄駅:東京メトロ日比谷線広尾駅
    中央図書館の利用案内

  • 多摩図書館

    ・小・中・高校生の調べ学習、読書支援(読み聞かせ・ブックトーク等)をお手伝いします。
    ・高校生の場合、内容によっては中央図書館をご案内する場合もあります。
    ・最寄駅:JR中央線・武蔵野線西国分寺駅
    多摩図書館の利用案内

メニューに戻る

調べ学習支援ツール

都立図書館では、調べ学習の参考になる資料を作成し、ホームページに掲載しています。

3.学校の読書活動をお手伝いします!

読書活動を支援するガイドブックの紹介

多摩図書館では、学校における読書活動を支援するガイドブックを作成しています。

「読み聞かせABC 集団の子供たちへの読み聞かせ」

小学校等で子供たちに絵本の読み聞かせを行う方のためのガイドブックです。読み聞かせ初心者の方から経験者の方まで活用できます。

「特別支援学校での読み聞かせ 都立多摩図書館の実践から」

特別支援学校及び特別支援学級を有する小中学校での読み聞かせを支援するため、ガイドブックです。

「ほん・本・ごほん」(東京都子供読書活動推進資料)全3冊

小学生が楽しめる本を掲載した小冊子です。動物や恐竜など、小学生が興味を持つテーマ別に本を紹介しています。

「ひとりでよめるよ」(都立図書館・学校支援シリーズ)

幼年文学(小学校低学年くらいの子供を対象にした物語)を集めました。 小学校低学年の子供が1冊読んだという喜びを味わうことのできる物語を50冊掲載しています。

「読み聞かせに挑戦!中学生・高校生版」(PDF形式 1.1MB)

中学生、高校生のための読み聞かせに関するガイド「読み聞かせに挑戦! 中学生・高校生編」を作成しました。 奉仕や職場体験で小さな子供に読み聞かせをするとき等に、参考にすることができます。

「やってみよう☆書評合戦(ビブリオバトル)」
やってみよう★書評合戦(ビブリオバトル)画像

子供の読書に関わる方のページにも冊子を掲載しています。

学校支援グッズの紹介

「ほん・本・ごほん」を活用した『学校支援グッズ』を作成しています。冊子と合わせてご活用することができます。ブックトーク用シナリオ、「ほん・本・ごほんクイズ」、展示用装飾グッズ(切り紙)、展示用パネルなどがあります。

装飾用グッズの画像*『学校支援グッズ』について詳しくはこちらへ。
学校支援グッズのご案内(PDF形式 401KB)

学校支援ツール(グッズ、冊子等)のお申込み

学校支援ツール申込書(PDF形式 147KB)

学校支援ツール申込書(WORD形式 38KB)

ファクシミリ送付先:都立多摩図書館 042-359-4121

冊子の販売について

下記の冊子は都民情報ルームの有償刊行物コーナーにおいて販売しております。個人での入手をご希望の方は、都民情報ルームまでお問合せください。

  • 「読み聞かせABC 集団の子供たちへの読み聞かせ」  価格:200円
  • 「これならできる!自由研究 111枚のアイディアカード集(冊子版)」  価格:150円

販売場所・問合せ先
都民情報ルーム(東京都庁第一本庁舎3階北側)
電話 03-5388-2276
利用時間 平日午前9時から午後6時15分
※都民情報ルームでの直接購入のほか、郵送や都内の書店での注文購入もできます。

メニューに戻る

4.学校支援サービス活用例を紹介します!

調べ学習や読書支援でこのようなご利用がありました。

調べ学習の質問例

Q.授業の中で、マイナンバー制度について取り上げたい。わかりやすく解説した新聞記事はないか。

A.2015年5月6日の読売新聞に、「基礎からわかるマイナンバー」という記事があります。

Q.【特別支援学校】児童に、読み聞かせをする。参考になる本はあるか。

A.『特別支援学校での読み聞かせ 都立多摩図書館の実践から』に読み聞かせのポイントや絵本の紹介があります。

Q.生徒から世界各国の選挙年齢が知りたいと質問があった。何か一覧できるものはないか。

A.『主要国の各種法定年齢』という図書に、世界各国・地域の選挙年齢の一覧があります。

調べ学習における図書館利用例

【A高等学校】総合学習「社会を知り考える」のなかで情報収集、文献集めの場として都立中央図書館を利用

3日に分けて、1学年生徒全員が来館、司書のサポートの元、検索や文献探しを行いました。
検索についての説明を聴く高校生の画像

読書支援の質問例

【小学校】「ほん・本・ごほん」の活用実践報告

小学校で実際に行われた活用報告です

Q.【中学校】1、2年生の朝読書に向く本を紹介してほしい。

A.『中学生はこれを読め!』(019.9/ 5189/ 2006)などのブックリストを紹介。また、都立多摩図書館作成の『扉をあけて』も紹介しました。

Q.【中学校】研究授業で『素顔同盟』という作品を取り上げるが、テーマが似た物語(対人関係、コンプレックス、本音を言えない、等)が他にないか。

A.ブックリストやキーワード検索から候補になる本をピックアップし、職員が1冊ずつ読んで判断。『非・バランス』『グッドジョブガールズ』など10冊を紹介。

Q.【中学校】アガサ=クリスティのエルキュール=ポワロのシリーズを学校図書館で購入したいと思っているが、早川ミステリー以外にどのようなシリーズがあるか?

A.中学校の図書館用とのことだったので、『アガサ=クリスティ短編傑作集』(講談社青い鳥文庫)、『アガサ・クリスティ推理コレクション』(偕成社文庫)、『アガサ・クリスティー探偵名作集』(岩崎書店)などを紹介。

Q.【特別支援学校】春の読書週間で、子供たちから「おしゃれの本」が読みたいとリクエストが出ているが、何か紹介してほしい。

A.図書のほか、『Seventeen』などの中高生向け雑誌も紹介し、学校にないものは期間限定で貸し出した。

Q.【中学校】特別支援学級の学級文庫に置く物語の本を20~30冊紹介してほしい。
小学校高学年くらいの子でも楽しめるくらいの文章でありながら、本の内容は中学生レベルくらいのものを紹介してほしい。

A.多摩図書館作成の小学生向けブックリスト『ほん・本・ごほん』から、お求めの内容に近いものを12冊紹介した。また、『ほん・本・ごほん』1~3を質問者に送付し、参考にしてもらった。

メニューに戻る

5.オリンピック・パラリンピック教育や読書活動を応援します!

オリンピック・パラリンピック教育のお手伝い

都立図書館では、学校で行われるオリンピック・パラリンピック教育を通して読書の幅を広げるよう、オリンピック・パラリンピックの歴史やスポーツ関連のほか、日本文化の魅力を実感する本や各国を知るための本などの資料紹介等を行います。 2710オリンピックパラリンピック展示画像  

これまでのオリンピック・パラリンピックに関する企画展示

内容

  • これまでに都立中央図書館が開催した、オリンピック・パラリンピックに関する企画展示の資料リスト等のご紹介
  • 世界の国や日本についての調べ方
  • 都立中央図書館周辺に大使館がある24か国についての国情報・豆知識・資料リストのご紹介

オリンピック・パラリンピック教育に役立つブックリスト

都立多摩図書館では、所蔵する図書の中から4分野(オリンピック・パラリンピックの精神、スポーツ、文化、環境)に関する図書を選定し、ブックリストを作成しました。学校での学習にお役立てください。ブックリストをご覧になるにはこちらをクリックしてください。(ブックリストのページに移動します。)

こどものへや 展示「本で世界を旅しよう!」

都立多摩図書館のこどものへやでは、世界の国に関する本の展示をしています。

アジアの本

展示「本で世界を旅しよう」の写真

本で世界を旅しよう!ブックリスト アジアの本
(PDF形式 974KB)(クリックすると、PDF形式のファイルに移動します)

ウリボウのいそがばまわれ 「アジアの本 その1」(クリックすると、別のページに移動します)

青少年エリア ミニ展示「世界への扉をあけて」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、世界の国のことを知るまたとない機会。都立多摩図書館の青少年エリアでは、世界への興味をかきたててくれるような本を紹介しています。(ブックリスト名をクリックすると、PDF形式のファイルに移動します。)

世界への扉をあけて ブックリスト1
(PDF形式 820KB)

世界への扉をあけて ブックリスト2(PDF形式 1.1MB)

「生徒と図書館をつなぐ取組」

高校生が都立図書館に集い、本や図書館の魅力について考えるイベントを実施します。

平成28年度

  1. 実施日 平成28年8月5日(金曜日) 午後1時から午後5時30分まで
  2. 参加者 都内高校生 17校36名
  3. 内容 (1)館内見学(バックヤード含む)
       (2)幅允孝氏(ブックディレクター 有限会社BACH代表)講演会
        「本を誰かに伝えることは愉しい」
       (3)(グループワーク)『本のレコメンデーションワークショップ』
        《例えば、こんな人にあなたはどんな本をすすめますか?》  
  4. 当日の様子 都立図書館Facebookで紹介しています。

平成27年度

  1. 実施日 平成27年8月7日(金曜日) 午後1時から午後5時30分まで
  2. 参加者 都内高校生 4校11名
  3. 内容 (1)館内見学(バックヤード含む)
       (2)好きな本を選んでグループでポップづくりほか
  4. 当日の様子 都立図書館Facebookで紹介しています。

  5. H27つなぐ取組見学画像 H27つなぐ取組pop画像

メニューに戻る

6.生徒の職場体験の受入れや読み聞かせ等の講師派遣を行っています!

職場体験の受入れ

都立図書館では、生徒の職場体験等の受入れを行っております。
受入れ校数には限りがありますので、まずは下記へご相談ください。

  • 【都立中央図書館】企画経営課 学校支援担当 電話:03-3442-8451(内線2225)
  • 【都立多摩図書館】管理担当 042-359-4020

職場体験の感想等を都立図書館Facebookで紹介しています。

講師の派遣

都立多摩図書館では、児童・生徒や教員の読み聞かせやブックトークについて、講師の派遣を行っております。 

問合せ・連絡は下記までお願いします。

東京都立多摩図書館 児童青少年資料担当
電話:042-359-4109
ファクシミリ:042-359-4121


メニューに戻る

このページの先頭へ▲