図書館で”あなたの1冊”と出合うには

* 図書館は、本を探すあなたにとって、“出合いの宝庫“です。
* 都立図書館には、中央図書館と多摩図書館があります。
中央図書館では、さまざまなジャンルの約35万冊を手に取ってみることができます。書庫の本も含めると、都内最大級の約180万冊を利用できます。また、多摩図書館では、児童や青少年向けの本を見ることができます。
このような“出合いの宝庫”の中から、“あなたの1冊”と出合うにはどうしたらよいでしょうか?

1 好きなテーマ・気になるテーマの本棚を歩いてみましょう。

図書館の本はテーマ別に分かれて並んでいます。

例えば、
♠ 「お菓子大好き!」そんな、あなたには?
♤ お菓子をはじめ料理の本は“596”の分類に集まっています。
  (あの食べ物が愛される秘密や、あのシェフのプロ意識が一冊に。そんな、本と出合えるかも…。)

♠ 「部活いのち!」そんな、スポーツ好きのあなたには?
♤ スポーツの本は“780~789”の分類に集まっています。
 (あの試合の感動や、憧れのスター選手の挫折や栄光が一冊に。そんな、本と出合えるかも…。)

図書館には、どのような内容の本が、どこにあるのかについての詳しい案内(サイン)があります。

サインを手がかりに、自分の好きなテーマ・気になるテーマの本棚へいってみましょう。

図書館の本がテーマ別に分かれて並んでいるイメージ画像 【サインの例】
上段:B19,20
→本棚の番号
下段:778.2~780.2
→本のテーマをあらわす分類の番号

本棚を歩きながら、いろいろな本を眺めてみましょう。

本棚では同じテーマの本が集まっており、それらを何冊も見比べることができます。
実際に手に取ってみたら「これは面白そう!」という本と出合えることがあるかもしれません。

新着コーナーや展示スペースも眺めてみましょう。

図書館では、新しく入った本を新着コーナーに並べています。
また、話題のテーマや季節などに関連した展示も行っています。
立ち寄って、眺めてみてはいかがでしょうか?
~本棚は、本との出合いの場です~

中央図書館2階新着図書コーナーの画像
中央図書館2階 新着図書コーナー

2 この“1冊”といえる本が見つからないときには?

司書に聞いてみましょう。

 本のプロである司書が、あなたと本との出合いをお手伝いします。
例えば、
  「本棚を見てみたけれど、ピンとくる本がなかった…。」
  「最近話題の面白い本って、どんなものがあるの?」
  「普段あまり本は読まないけれど、どんな本だったら自分にも読めるだろう?」
など、司書と一緒に考えてみましょう。
お気軽にお尋ねください!

OPAC(オンライン蔵書目録)を使ってみましょう。

思いつくキーワードで検索をし、その結果を手がかりにするのも一つの方法です。
詳しい検索方法については、ヘルプ(OPACのヘルプへリンク)を参照ください。

3 こんなことにも注目してみると、本との出合いが広がります。

本を紹介している雑誌を見てみましょう。

  • 『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー) 毎月6日発行
    http://ddnavi.com/davinci/
    … 新しく出た本や、話題の本などを紹介しています。
    インタビューや対談で、人気作家やその作品の魅力に迫る号もあります。
    1月号と7月号では、書店員や批評家、読者らが選んだ小説・ノンフィクションなどの各ランキングが掲載されます。
ダ・ヴィンチの画像
  • 『本の雑誌』(本の雑誌社) 毎月10日前後発行
    http://www.webdoku.jp/honzatsu/
    … 書評とブックガイドを中心に、本に関するさまざまな話題を提供しています。
    1月号と8月号では、編集者らが対談でベスト10の本を選ぶランキング企画もあります。
本の雑誌の画像

* なお、これらの雑誌は館内でご覧になれます。カウンターの職員までお尋ねください。

本のプロがお薦めする本を見てみましょう。

  • 本屋大賞(http://www.hontai.or.jp/
    … 書店員が読んで「面白かった。」「これはお薦めしたい。」という本を投票で選びます。
    投票結果や、書店員のコメントなどは『本の雑誌』4月増刊号や本屋大賞HPをどうぞ。

「019:書評・書評誌」の分類の本を見てみましょう。

多様なジャンルの人・団体がさまざまな視点で本選び、それを1冊にまとめた本を見ることができます。
例えば、『新潮文庫20世紀の100冊』(関川夏央/著)や、毎日新聞の書評欄「今週の本棚」をまとめた『愉快な本と立派な本』『怖い本と楽しい本』『分厚い本と熱い本』(丸谷才一,池澤夏樹/編)などが見られます。

「ビブリオバトル」をやってみましょう!

ビブリオバトルは、本を介した人とのコミュニケーションによって、他の方法では出合うことの難しい本と出合える可能性を持ったゲームです。
誰かの“わたしの一冊”が、ビブリオバトルというゲームを通じて、“あなたの1冊”にもなるかもしれません。ビブリオバトルに参加することによって、さらに本との出合いの世界が広がります。

ビブリオバトルについては、一つ前のページで紹介しています。

*** さあ、“あなたの1冊”を探してみましょう!! ***

このページの先頭へ▲