文化財の保存・修復と遠野市

平成24年2月20日作成
情報サービス課


この情報は速報版として作成したものです。 この他の資料、情報をお調べの方は、ご来館いただくか、電話(03-3442-8451)、 Eメールレファレンス、 文書でお問い合わせください。 このほかのPick up 情報の泉
ニュースレファレンス(バックナンバー)
クローズアップ都市・東京情報




回顧2011]文化財 被災地での保護に課題 6世紀「大刀」や元寇の船発見 (『読売新聞』 2011年12月14日 東京朝刊 26面)

(耕論) 文化被災 (『朝日新聞』 2011年8月4日 東京朝刊 13面)

被災資料修復 遠野で支援 (『読売新聞』 2011年9月30日 東京夕刊 19面)

文化財レスキュー始動 被災地の資料修復へ (『岩手日報』 2011年5月4日 14面)

東日本大震災は、多くの命を奪っただけでなく、福島県の阿弥陀堂や宮城県の松島など、各地の貴重な文化財にも大きな被害を与えました(被害状況は文科省ホームページの「東日本大震災関連情報」の「東日本大震災による被害情報について」にまとめられています)。
その中で、被災した文化財を保護・修復していく活動が重要なものとなっています。
平成24年2月26日(日)より都立中央図書館では、遠野市等と協力し「震災からよみがえった東北の文化財展」を開催します(3月11日まで。イベントについてはイベント情報のページをご覧ください)。今回の「情報の泉」では文化財の保存・修復と、遠野市について扱った資料をご案内します。関係する都立図書館の資料もお手にとってみてください。
都立中央図書館が所蔵する文化財の保存・修復関係の開架資料は、分類番号709(芸術政策・文化財)の棚(3階美術情報コーナー)をご覧ください。


文化財の保存・修復に関する資料

《図書》

文化財の保存・修復に関する資料を幅広くご案内します。

文化財の保存・修復関係史料(全般)

 

書名 編著者 出版者 出版年

『文化財の保存と修復』(既刊13巻)
9巻は東北の文化財を扱っています。
文化財保存修復学会編 クバプロ  
『美を伝える』 京都国立博物館 京都新聞出版センター 2011.7
『見てわかる文化財のIPM』 文化財虫害研究所編 文化財虫害研究所
『考古資料の修復・複製・保存処理』 宮内庁書陵部陵墓課編 学生社 2009.10
『文化財保護関係法令集』(第3次改訂版) 文化財保護法研究会監修 ぎょうせい 2009.6
『壊れても仏像』 飯泉 太子宗著 白水社 2009.6
『特集陳列博物館と文化財修理』 九州国立博物館編 九州国立博物館 2008.5
『文化資源の保存、活用及び創造を支える科学技術の振興』 文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会編集 国立印刷局 2004.3
『戦災等による焼失文化財』 文化庁編 戎光祥出版 2003.10
『地域文化財の保存修復』 奈良国立文化財研究所編集 奈良国立文化財研究所 2000.3

 

震災と文化財

 

書名 編著者 出版者 出版年

『新潟県中越大震災と史料保存』(2巻) 長岡市立中央図書館文書資料室編   長岡市立中央図書館文書資料室  
『震災後の文化財に対する総合的な対処方法・体制についての調査研究』 日本建築学会文化遺産災害対策小委員会調査委員会編集 神戸大学 2007.3
『「文化財の震災保護対策に関する調査研究事業」報告書』 宮城歴史資料保全ネットワーク編 宮城歴史資料保全ネットワーク 2007.3
『よみがえる被災火焔型土器』 九州国立博物館,新潟県津南町教育委員会監修  クバプロ 2005.10
『震災を越えて』 『阪神・淡路大震災と埋蔵文化財』シンポジウム実行委員会編著 エピック 2004.3
『阪神・淡路大震災にかかわる史料保存活動の記録』 『阪神・淡路大震災にかかわる史料保存活動の記録-その時何を考え、行動したか-』編集委員会編集 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会 1998.2
『地震から文化財を守る』 西山要一編集   奈良大学文学部文化財学科保存科学研究室 1995

 

《雑誌記事》

東日本大震災に関係する最新の記事をご紹介します。

雑誌名・巻号(出版年月) 記事内容 掲載頁

『日本歴史』 762号(2011年11月) 白井哲哉,高橋修,山川千博「文化財レポート 茨城県内の被災資料救済・保全活動」  p.84-90
『歴史学研究』 884号(2011年10月) 佐藤大介「歴史遺産に未来を--東日本大震災後の歴史資料レスキュー活動」(緊急特集 東日本大震災・原発事故と歴史学 史資料ネットワークから p.27-30
白井哲哉「『茨城史料ネット』の設立と資料救出活動--3・11から7・2へ」(緊急特集 東日本大震災・原発事故と歴史学 史資料ネットワークから) p.30-32
阿部浩一「ふくしま歴史資料保存ネットワークの現況と課題」(緊急特集 東日本大震災・原発事故と歴史学 史資料ネットワークから) p.32-33, 70 
『博物館研究』 46巻9号(2011年9月) 岡田健「文化財レスキュー事業について--象徴的に始められた石巻文化センターでのレスキュー活動」(特集 東日本大震災における博物館の対応 ) p.8-12

 

《インターネット》

東京文化財研究所
「被災文化財等救援委員会事務局からのご案内」がトップページにあり、被災した文化財に関連するニュースをご覧いただけます。
文化財保存修復学会
東日本大震災における文化財支援関連情報」が掲載されています。
文化財保存支援機構
「被災文化財関連情報」のページがあります。リンク集に「被災文化財救援関連」リンクがあります。

遠野市に関する資料

《図書》

 

書名 編著者 出版者 出版年

『遠野市史』 (全4巻) 遠野市史編集委員会編修 遠野市  
『日本のグリム佐々木喜善』 [遠野市立博物館編] 遠野市立博物館 2004.9
『遠野市の歴史』(岩手県市町村地域史シリーズ 10) 鈴木久介著  熊谷印刷出版部 1993.7

 

《インターネット》

市立博物館 - 遠野市(遠野市公式ホームページ)
利用案内のほか、現在行っている企画展の説明が写真付きで載っています。
遠野市立博物館でも、平成24年3月16日(金)より「震災からよみがえった東北の文化財展」を実施します。

広報遠野(遠野市公式ホームページ)
毎号「遠野遺産」というコンテンツがあり、遠野遺産に認定された有形・無形の歴史的建造物や文化などを紹介しています。
過去のものは、サイドバーの「広報バックナンバー」から読むことができます。

 

このページの先頭へ▲