都立図書館の政策立案支援サービス

  • 政策立案支援サービスのイメージ画像1
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像2
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像3

都立図書館では、都職員の皆様が政策立案する際に必要な資料・情報を提供します。


統計情報を調べた事例2 社会参加・ボランティア活動の時間

東京都内に住むサラリーマン(40代~50代)と、退職後の人(60代以降)の社会参加・ボランティア活動にかける時間を知りたい。できれば、グラフや図も欲しい。
 
質問内容にビッタリ当てはまる資料は見あたらなかったが、参考になると思われる資料をいくつか紹介した。
東京都総務局のホームページに掲載されている資料1『社会生活基本調査結果概要 -都民の生活行動と生活時間- 平成18年』に男女、年齢階級(35~44歳、45~54歳、55~64歳、65~74歳、75歳以上)、行動の種類別総平均時間や、男女、年齢階級、「ボランティア活動」の種類別行動者数 ・行動者率のデータが掲載されている。 
資料2『社会生活基本調査報告 ; 平成18年 3巻 地域 生活時間編』、資料3『社会生活基本調査報告 ; 平成18年 4巻 地域 生活行動編』は資料1のデータを全国集計した資料で、総務省統計局のホームページでも公開されている。
また、資料4『国民生活選好度調査』は内閣府が行ったボランティア活動への参加意識等の調査だが、内閣府ホームページで公開されているので、参考資料として紹介した。

  調査の経緯  →  統計情報を調べる場合、質問内容に当てはまるデータが見つかるとは限らない。蔵書検索・雑誌記事検索・インターネットなどを用いて調査し、当館の蔵書の中から関連する統計が掲載されていると思われる基本的な統計調査や白書類を確認していった。
◆ここが使える◆
調査に有効な資料・情報

社会経済統計編と業界別統計編からなり、ビジネス関係以外にも様々な統計情報がどんな資料に載っているかが検索できる便利な事典。


調査に使用した資料

No. 資料情報
(都立図書館の蔵書検索画面やWebサイトにリンクします)
請求記号 ページ     
『社会生活基本調査結果概要 -都民の生活行動と生活時間- 平成18年』 (東京都総務局統計部)  *Web    
2 『社会生活基本調査報告 (平成18年度 3巻 地域 生活時間編)』  総務省統計局 2008.3 R365.5/39/2006-3 
3 『社会生活基本調査報告 (平成18年度 4巻 地域 生活行動編) 総務省統計局』 総務省統計局 2008.3  365.5/39/2006-4 
『国民生活選好度調査』 (内閣府) *Web     

このページの先頭へ▲