都立図書館の政策立案支援サービス

  • 政策立案支援サービスのイメージ画像1
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像2
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像3

都立図書館では、都職員の皆様が政策立案する際に必要な資料・情報を提供します。


雑誌記事を探す

雑誌記事データベース

図書館の蔵書検索では、たとえば『週刊文春』という雑誌を所蔵していることは検索できても、「△△」という記事が何年何月号に載っているかどうかを検索することはできません。このように、個々の記事のタイトルや著者名等から検索したい場合には、「雑誌記事索引」を利用します。ここでは、インターネット上で無料で検索できるデータベースをいくつかご紹介します。

国立国会図書館雑誌記事索引(国立国会図書館)
国内の代表的な雑誌記事索引データベース。NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)の「雑誌記事索引の検索/申込み」をクリックすると、国立国会図書館で所蔵している雑誌のうち約19,000誌(採録中:約10,000誌)、1948年以降の雑誌記事を論文名や著者名から検索することができる。(1948年~1974年は人文・社会系のみ。)
CiNii Articles(国立情報学研究所)
日本の学術論文索引データベース。中には論文本文を閲覧できるものや引用論文の一覧表示が可能なものもある。
雑誌の新聞
主な週刊誌の記事タイトルを一覧できるサイト。発売日の前日に「翌日発売」の最新雑誌記事情報を確認できる。記事見出しサーチでは、最新3週間の雑誌記事の中から、探している言葉を含む記事タイトルを検索することができる。(記事の内容そのものを読むことはできない。)そのほかにも様々なコンテンツがある。

リンク集

データベースのほかに、雑誌のリンク集をたどるという方法もあります。

国内雑誌へのリンク集(名古屋大学附属図書館)
収録タイトル数3334誌。学術雑誌が多いが一般誌も含まれている。アルファベットと50音のインデックスのほか、タイトル、出版社から検索が可能。内容についてはリンク先によって異なり、目次が閲覧できるものから全文が見られるものまでさまざま。

都立図書館では(雑誌記事)

◆読みたい記事が確定し、記事本文を入手したいとなった場合、都立図書館で所蔵している雑誌であれば、記事のコピーを交換便等でお送りいたします。

◆上記でご紹介したインターネット上のデータベース以外にも、図書館内では『大宅壮一文庫雑誌記事索引Web版(Web-OYA)』、『Magazine Plus』等、オンラインデータベース等が利用可能です。お探しの記事内容、おおよその掲載時期等をお知らせいただければ、お調べいたします。インターネットでの検索とあわせてご利用ください。

  • 大宅壮一文庫雑誌記事索引(1988年~現在):国立国会図書館の「雑誌記事索引」では収録対象となっていない、比較的ポピュラーな一般雑誌を収録していることが特徴です。採録対象は約500誌。1988年以前の記事索引については、冊子体で刊行されています。

質問回答サービス申込はこちらへ

このページの先頭へ▲