都立図書館の政策立案支援サービス

  • 政策立案支援サービスのイメージ画像1
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像2
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像3

都立図書館では、都職員の皆様が政策立案する際に必要な資料・情報を提供します。


都政情報を調べた事例2 緑のおばさん

「緑のおばさん」採用の経緯、区への移管に関して書かれている資料を探している。
 
資料1『東京都政五十年史 事業史 2』第4章「都民生活の安全」→第3節「交通安全対策」→(3)「交通事故防止対策の展開」の中に、「"緑のおばさん"の発足」の項目がある。昭和34年11月の事業開始から、昭和40年4月区職員への身分切替え、昭和42年12月三多摩市長会での準職員への切替決定までの経緯が、簡潔にまとめられている。

資料2『特別区政の変遷 行政篇 その10 教育関係』8「交通安全」→(2)「学童交通擁護員」の項目があり、事業の経緯、手当、身分切替、定数等について、約100ページにわたって経過が詳細に記述されている。
昭和34(1959)年11月20日~ 東京都労働局所管婦人層就労対策事業として開始。
昭和38(1963)年6月1日~ 教育事業として実施(都立学校及び区立学校)。都または区の非常勤職員として身分切替。市立町立学校については、当分の間現行による。
昭和40(1965)年4月1日~ 区の正規職員として身分切替。 

資料3『事業概要[東京都労働局] ; 昭和36年版 付:労働局15年の歩み』Ⅳ「失業対策」→2「失業対策諸事業」→(3)「簡易失業対策事業」→d「婦人層救済事業」に「母子世帯の世帯主等を中心とする婦人失業者の救済として、・・・昭和34年11月から・・・実施」と事業開始の経緯が簡単に記されている。

資料4『都民女性の戦後50年 通史』Ⅲ「働く」→1「働き続ける女性たち」の中に「"緑のおばさん"・"給食のおばさん"」の項があり、事業概要、23区及び多摩地区への切替時期等について数行程度記されている。

資料5『文部時報』(993号)には、当時の東京都教育庁指導部長であった著者が、事業開始の経緯、開始後の状況等について報告した雑誌論文「みどりのおばさんと学校安全」(大坪国益)が掲載されている。 

  調査の経緯  →  『東京都政五十年史』を使い事業の概要を把握してから、所管局の事業概要、特別区政に関する資料、雑誌記事を調査した。
◆ここが使える◆
調査に有効な資料・情報

東京都各局発行の事業概要

 
都立図書館では、東京市、東京府の時代を含め、東京都各局の事業概要を所蔵している。

調査に使用した資料

No. 資料情報
(都立図書館の蔵書検索画面やWebサイトにリンクします)
請求記号 ページ
1 『東京都政五十年史 事業史 2』 東京都企画審議室調査部 1994.12 T/0・317/3095/G3 p.720-721    
2 『特別区政の変遷 行政篇 その10 教育関係』 特別区協議会 1976.8 0932/T692/T1-3-10 p.502-596          
3 『事業概要[東京都労働局] ; 昭和36年版 付:労働局15年の歩み』 東京都労働局 1961.10 T/0・366/9/G   p.65          
4 『都民女性の戦後50年 通史』 東京女性財団 1997.3 T/0・367/3042/2  p.162-163          
5 『文部時報』 993号 (1960.5) p.24-28          

このページの先頭へ▲