都立図書館の政策立案支援サービス

  • 政策立案支援サービスのイメージ画像1
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像2
  • 政策立案支援サービスのイメージ画像3

都立図書館では、都職員の皆様が政策立案する際に必要な資料・情報を提供します。


国や地方の情報を調べた事例2 放課後児童クラブ

放課後児童クラブ(学童保育)に関する道府県や海外の取り組みについて知りたい。
 
以下の資料に関連する情報がある。(調査年月:2009年6月)

1 日本の状況
【図書】
・資料1『学童保育の実態と課題に関する調査研究』は、「市区町村対象調査」等3つの調査に基づく調査研究。
 
・資料2『学童保育ハンドブック』には、具体的な取組み事例は書かれていないが、全体像をつかむには適している。

・資料3『児童館と学童保育を問う』には、京都市と広島市の事例がある。

【雑誌記事】
・資料4『日本の学童保育』(397号)の「特集 新設と分割で子どもの生活を守る」では、保護者(学童保育連絡会)の立場から増設運動について書かれた文章の中で、自治体がどう係わったかについて触れられている。

【インターネット情報】
・学童保育の全国組織「全国学童保育連絡協議会」が、毎年『学童保育に関する実態調査』を行い、ホームページ上で概要を報告している。
 
・「厚生労働省雇用均等・児童家庭局 育成環境課」は『放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況について』の調査を毎年5月1日現在で実施しており、毎年ホームページ上で報告している。

2 外国の状況
・資料5『Business & Economic Review』(19巻6号)は、諸外国の放課後対策を特集している。概要は日本総合研究所のホームページでも確認できる。
 
・資料6『スウェーデン、デンマーク、ドイツの学童保育』は、スウェーデン、デンマーク、ドイツの学童保育に関する報告書。

3 資料の検索方法について
国立国会図書館の『雑誌記事索引』で「学童保育」をキーワードに2005年以降の記事を検索すると173件ヒットする。論題から見て、現状や取組事例などもあるようなので、『雑誌記事索引』と国立情報学研究所『CiNii』を自身で検索するよう案内する。 

  調査の経緯  →  蔵書検索・雑誌記事検索・インターネットなどを用いて調査し、当館の蔵書の中から情報が掲載されているものを探していった。タイトルなどで判別できないものについては、分類番号などであたりをつけ、一つ一つ手に取って内容を確認していった。併せて、雑誌記事の検索方法についても紹介。
◆ここが使える◆
調査に有効な資料・情報

『雑誌記事索引』(国立国会図書館)
 
国立国会図書館が所蔵する雑誌のうち約10,000誌の雑誌記事を論文名や著者名から検索することができるデータベース。
都立図書館が所蔵しているかどうかについては、改めて検索し確認する必要がある。

調査に使用した資料

No. 資料情報
(都立図書館の蔵書検索画面やWebサイトにリンクします)
請求記号 ページ
1 『学童保育の実態と課題に関する調査研究:放課後の子どもの生活の場が安心して利用できるために』 [学童保育の実態を課題に関する研究会編] 国民生活センター(相談調査部調査室)2008.2 D/369.2/5455/2008        
2 『学童保育ハンドブック』 全国学童保育連絡協議会編 ぎょうせい 2006.4 369.4/5348/2006            
3 『児童館と学童保育を問う:「一元化」「一体化」をめぐって』 児童館・学童保育21世紀委員会編 萌文社 1998.11 3964/3243/8  p.88-105、p.106-123          
4 『日本の学童保育』 397号 (2008年9月) p.7-31          
5 『Business & Economic Review』 19巻6号通巻224号  2009年6月 日本総合研究所   
『スウェーデン、デンマーク、ドイツの学童保育』 全日自労建設農林一般労働組合学童保育指導員部会視察調査団[編] 全日自労建設農林一般労働組合学童保育指導員部会 1995.6  3694/3391/95   

このページの先頭へ▲