都立図書館の政策立案支援サービス

  • 政策立案支援サービス
  • 政策立案支援サービス
  • 政策立案支援サービス

都立図書館では、都職員の皆様が政策立案する際に必要な資料・情報を提供します。

特定のテーマや事実について調べた事例3 ダニの除去方法

家庭内のアレルゲンであるダニの除去や増殖抑制のための、適切な掃除方法等の試験結果がわかる資料はないか。ダニが家庭内のどの場所にどれだけいるか、どのような対策をとると、どの程度減るのかといったことが知りたい。
 
以下の資料に関連した情報がある。(調査年月:2013年10月) 

【図書】
資料1『ダニ・カビ完全対策 室内微生物汚染』には、ダニ・カビによる被害、ダニ・カビ汚染対策等が書かれているほか、空気清浄器や掃除機などの効果を検証している。

資料2『住まいQ&Aダニ・カビ・結露』は、住まいのダニを減らす方法等がQ&A方式で書かれている。
資料3『住まいQ&A寝室・寝具のダニ・カビ汚染』は、寝室と寝具のダニ・カビ汚染防止に焦点を当てている。
 
【雑誌】
資料4に収録されている「寝具におけるダニアレルゲン低減のための実用的対策」(祝部大輔ほか)では、小中学校、養護学校の保健室のベッドを対象に、ハウスダスト除去剤、粘着ローラー、天日干し等の効果を検証している。

資料5に収録されている「小児気管支喘息児の家庭内環境とダニの分布」(大谷武司ほか)では、ダニアレルギーのある小児気管支喘息の家庭の、家屋塵、 床材、寝具などのダニ数について調査している。

資料6に収録されている「わが国における室内塵ダニ調査と検出種の概観」(高岡正敏)では、1964年から1997年までの日本の室内塵ダニ類に関する調査報告について整理し、ダニの種類や生態の概要をまとめている。

資料7の雑誌『家屋害虫』(1991年12月号~1995年7月号)には、連載記事「家屋内生息性ダニ類の生態および防除に関する研究(1)~(8)」(吉川翠)がある。 
なお、資料6、7は、都立図書館では所蔵していない雑誌だが、各学会のホームページ内で記事全文が公開されているため、紹介した。


  調査の経緯  →  蔵書検索、雑誌記事検索、オンラインデータベースなどを用いて調査をした。
都立図書館で所蔵していない雑誌でも、Web上で記事全文が公開されている場合があり、合わせて紹介した。
◆ここが使える◆
調査に有効な資料・情報
 
『CiNii Articles』
(国立情報学研究所)

学協会刊行物、大学研究紀要、国立国会図書館「雑誌記事索引」など、学術論文情報を検索することができるデータベース。
都立図書館が当該論文を所蔵しているかどうかについては、改めて都立図書館蔵書検索により確認する必要がある。


調査に使用した資料

No. 資料情報
(都立図書館の蔵書検索画面やWebサイトにリンクします)
請求記号 ページ
1 『ダニ・カビ完全対策 室内微生物汚染』 小峯裕己編著 井上書院 2007.12 597.9/5010/2007
2 『住まいQ&Aダニ・カビ・結露』 吉川翠ほか著 井上書院 1989.5 5980/3005/89  
3 『住まいQ&A寝室・寝具のダニ・カビ汚染』 吉川翠ほか著 井上書院 1991.11 D/361.4 /5060 /2008
4 『厚生の指標』 54巻11号 2007年10月 (厚生労働統計協会)  p.31~37         
5 『日本ダニ学会誌』  9巻2号 2000年11月(日本ダニ学会)   *Web p.93~103          
6  『家屋害虫』 1991年12月号~1995年7月号(日本家屋害虫学会)   *Web  

このページの先頭へ▲