都立多摩図書館映画会

平成29年12月13日更新

定例映画会のお知らせ

平成29年度は、毎月第1日曜日と第3木曜日に実施します。
12月から来年2月までの上映日程と作品は以下の通りです。
 

2月は、都立多摩図書館移転オープン1周年記念イベントの16ミリ映画フェスティバルとして上映会を開催します!

12月の上映案内

短編アニメ『レイモンド・ブリッグス特集(2本立て)』

  日時:12月3日(日)  14時~15時(開場は13時)
 会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『ファーザー・クリスマス』  カラー 約30分 制作国:イギリス(1991年)

サンタクロースは、そりをキャンピングカーに改造して休養の旅に出る。1ヶ月以上も遊んで帰ってみると、子供達からのリクエストカードがあふれていた。イヴの日、プレゼントを配り終えてスノーマンのパーティに出かけたサンタは…(吹替え版)。

『スノーマン』  カラー 約25分 制作国:イギリス(1982年)

少年が朝、目を覚ますと一面の銀世界。雪だるまを作ったその夜、スノーマンが少年の部屋に遊びにきた。2人は空を飛んでスノーマンの故郷へ向かう。英国アカデミー賞受賞。

劇映画『クリスマス・ツリー』

日時:12月21日(木) 14時~16時(開場は13時)
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『クリスマス・ツリー』  カラー 108分 制作国:フランス(1969年)

 10歳のパスカル少年は、白血病で6ケ月後には死ぬという宣告を受ける。まわりの大人たちは少年に絶対知らせまいとして、クリスマスまでの6ケ月を楽しく幸福におくらせようとするが……。
原作ミシェル・バタイユ監督:テレンス・ヤング (字幕スーパー)




1月の上映案内

長編アニメ『時の支配者 素晴らしき宇宙冒険』

 日時:1月7日(日)  14時~15時30分(開場は13時)
 
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム   先着200名程度

『時の支配者 素晴らしき宇宙冒険』 
 ラー 73分 制作:ローラン・グリッティ、他(フランス/1982年)

 惑星ベルディドに宇宙船が不時着し、まだ幼い地球人の少年が1人残される。SOSを受信した別の宇宙船が救助に向うが、宇宙空間には様々な困難が待ち受けていた…。
 『ファンタスティック・プラネット』のルネ・ラルーが監督を務め、日本の漫画家にも影響を与えたフランスのバンドデシネ(漫画)作家メビウスが作画を担当した、美しい色彩のファンタジックなSFアニメ(吹き替え版)。

 

ドキュメンタリー​『宇宙へのフロンティア』 

 日時:1月18日(木)  14時~15時30分(開場は13時)
 
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム  先着200名程度

『宇宙へのフロンティア』   カラー 80分 制作:NASA(アメリカ/1988年)

 アメリカ航空宇宙局(NASA)のアポロ計画の中から1968年~1972年までの4年間、9回にわたる有人宇宙飛行の記録を映画にしたドキュメンタリー。宇宙飛行士へのインタビューによるナレーションと、彼らが撮影したシャトル内の生活や月面探索の映像からは、臨場感が伝わる(字幕版)。

 

 

  

2月の上映案内

 2月は、都立多摩図書館移転オープン1周年記念イベントとして、11日(日)に3作品を上映する16ミリ映画フェスティバルを開催します。
※鑑賞には入場券が必要です。詳しくはページ下の「入場券の配布について」をご確認ください。

16ミリ映画フェスティバル

  日時:2月11日(日) 
  上映開始時間: 第1回 9:45 / 第2回 12:45 /  第3回  14:45  
  会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム   各回200名(入場無料)

第1回 『はやぶさ 遥かなる帰還』   上映開始9:45(開場9:15~)

 2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」。約7年の宇宙探査を終えて地球に帰還するまでには様々な問題が起こる。その打ち上げプロジェクトに携わり「はやぶさ」の帰還を成功させた人々のドラマ。山根一眞の『小惑星探査機はやぶさの大冒険』を原作とする、実話をもとにしたストーリー。( 2012年制作/136分)

第2回 『魔女の宅急便』  上映開始12:45~(開場:12:25~)

 13歳になる魔女の子キキは満月の夜、相棒の黒猫ジジと共に、行く先を決めずに夜空に飛び立つ。たどりついた町でパン屋のおソノさんの世話になり、お届け屋さんを始め、次第に町で大活躍するようになる。角野栄子の同名児童書が原作の長編アニメ。(1989年制作/102分)

第3回 『ニュー・シネマ・パラダイス』 上映開始14:45(開場:14:35~) 

 第二次世界大戦中、イタリアの小さな町に生まれたサルヴァトーレ(トト)少年は、ふとしたことから町にひとつしかない映画館の映写技師・アルフレードと親しくなる。やがて彼は成長し、町を出る。それから30年後、ローマで映画監督として成功している彼のもとに、アルフレードの訃報が届いた。映画への愛に溢れた、監督の自伝的作品。(1988年制作/124分)

入場券の配布について

下記の日程で映画フェイスティバル入場券を都立多摩図書館にて先着順でお配りします。両日とも配布予定枚数に達した時点で終了します。
当日は1人1枚お持ちの上、開始時間までに会場へお越しください。

2月10日(土) 10:00~ 
2月11日(日)   8:45~


このページの先頭へ▲

上映する映画は、特に断りがある場合を除き、当館所蔵の16ミリ映画フィルムです。
上映映画に関する詳しい情報は、下記のような映画情報サイト等で確認することができます。

KINENOTE - 映画データベース(キネマ旬報社)
映画情報 - Yahoo!映画
映画情報 - goo映画
映画情報 - ぴあ映画生活

当館所蔵16ミリ映画フィルムは、都内で活動する登録団体に貸出しています。

詳しくは、東京都立多摩図書館まで。

〒185-8520 東京都国分寺市泉町2-2-26 電話:042-359-4020
 

このページの先頭へ▲