都立多摩図書館映画会

平成29年8月3日更新

定例映画会のお知らせ

平成29年度は、毎月第1日曜日と第3木曜日に実施します。
8月は定例映画会のほか、夏休み子供映画会を開催します。
8月から10月までの上映日程と作品は以下の通りです。




8月の上映案内

長編アニメ  『海底超特急マリンエクスプレス』

 日時:8月6日(日)  14時~15時30分(開場は13時)
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『海底超特急』マリンエクスプレス カラー 92分 制作:手塚プロ(1979年)

 夢の太平洋横断海底超特急は、試乗者達を乗せて発車した。特急列車をめぐって怪事件が巻き起こる。渦巻く陰謀・策略。予期せぬ古代帝国へのタイムトラベルなどマリンエクスプレスと人々の運命を描いた作品。お茶の水博士やブラックジャックなど、手塚治虫のキャラクターが総出演する。

劇映画 『絵の中の僕の村』

日時:8月17日(木) 14時~16時00分(開場は13時)
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『絵の中の僕の村』 カラー 115分 制作:シグロ(1996年)

 絵本作家の双子の兄弟、田島征三と征彦が高知の田舎の村で過ごした少年時代。ランニングシャツとずり落ちそうなズボンに麦わら帽子を被り、そこら中を歩き回って新しい冒険を探している二人が、ファンタジックなエピソードを紡ぎだす作品。

監督:東陽一 出演:松山翔吾、松山慶吾、原田美枝子、長塚京三 ほか 原作:田島征三


夏休み子供映画会 『忍たま乱太郎』 2本立

日時:8月20日(日) 14時~15時00分(開場は13時)
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『忍たま乱太郎 パート①』  約25分

<風林火山の段>
 忍術学園の生徒としての自信をなくした乱太郎たちを元気づけようと、先生たちが策を講じる。
 
<ジュンコとジュンイチの段>
 上級生が飼っていた毒ヘビのジュンコとサソリのジュンイチが逃げ出し、忍術学園は大パニックに陥る

『忍たま乱太郎 パート②』  約25分

<ただのドケチじゃないの段>
 乱太郎たちは、借金で困っている少女を助けるために力を合わせてアルバイトを始める。

 <学園長のワラ人形>
 学園長にやきいも作りを邪魔された乱太郎たちが、腹いせに作ったワラ人形に学園長は大弱りする。イチが逃げ出し、忍術学園は大パニックに陥る。

このページの先頭へ▲

9月の上映案内

 9月は昨年10月に逝去したポーランドのアンジェイ・ワイダ監督の1周忌として、同監督の2作品を上映します。

 劇映画『地下水道』

日時:9月3日(日)  14時~16時(開場は13時)
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『地下水道』  モノクロ 96分 制作国:ポーランド(1956年)

 1944年、ドイツ占領軍からワルシャワ市を奪還しようとするポーランドの抵抗組織のエピソード。
 (字幕スーパー・1957年カンヌ映画祭受賞)

劇映画『灰とダイヤモンド』

日時:9月21日(木) 14時~16時(開場は13時) 
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム 先着200名程度

『灰とダイヤモンド』  モノクロ 105分 制作国:ポーランド(1958年)

 第二次大戦終戦直後のポーランドの地方都市を舞台に、若者マチェックが時代の波に飲み込まれていく様を描いた作品。
(字幕スーパー・1959年ヴェネツィア国際映画祭国際映画批評家連盟賞)


10月の上映案内
 

劇映画『野ばら』

 日時:10月1日(日)  14時~15時30分(開場は13時)
 
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム   先着200名程度

劇映画『野ばら』  カラー 81分 制作:ドナウ映画(ドイツ/1989年)

 ハンガリー動乱の難民の孤児の少年が、オーストリアの優しいおじいさんに引き取られる。新しい住まいの近くにはウィーン少年合唱団の寄宿舎があり、歌の上手な少年はウィーン少年合唱団に入団する。少年たちの生活を、音楽に乗せて美しいオーストリアの風景の中に描く。

 

​「オランダ絵画と浮世絵」 5本立

 日時:10月19日(木)  14時~15時30分(開場は13時)
 
会場:東京都立多摩図書館 2階セミナールーム  先着200名程度

ドキュメンタリー『ゴッホ(美を求めて No.639)』  約12分 (制作:1985年)

 国立西洋美術館の'85年10-12月の展覧会の記録。現代美術の流れを決定づけた革新的な画家ゴッホ(1853-1890)。彼の芸術を導き出したいくつかの要素に注目し、その作品を新しい視点から、ながめようとする

ドキュメンタリー『バルビソン派をめぐる画家たち(美を求めて No.711)』
約12分 (制作:1987年)

 大阪の国立国際美術館の「ミレー、コローからゴッホへ-バルビゾン派をめぐる画家たち」(1987年開催)の紹介。画家たちは自然の中にとびこみその息吹きを作品にしたが、それらの絵画と17~18世紀のオランダ風景画を対比する。

ドキュメンタリー『オランダ絵画の黄金時代(美を求めて No.562)』
約12分 (制作:1984年)

 17世紀のオランダ絵画は、それまで無視されていた風景、静物、風俗に光をあて、新しい絵画世界を開いた。新しい絵画世界のエッセンスというべき名作を、オランダ・マウリッツハイス王立美術館の所蔵品で紹介する。

ドキュメンタリー『浮世絵の美(美を求めて No.583)』
約12分 (制作:1984年)  

  江戸時代に町人文化が生んだ美術=浮世絵。この浮世絵を軌道にのせた菱川師宣の肉筆。錦絵の完成者鈴木春信の美人画。美人大首絵を考え出した歌磨。役者絵の写楽、豊国。風景画の北斎、広重等浮世絵の逸品を紹介。

ドキュメンタリー 『富嶽三十六景』  約30分 (制作:1971年)

  富嶽三十六景は江戸、甲州、東海道、海上から見た富士を描いたもので、有名な北斎漫画や洋風版画、肉筆画などを紹介し、浮世絵の歴史、広重との比較などを背景に北斎の個性的生き方と彼の芸術をさぐる。
 ※フィルムに退色があります。
 

  

上映する映画は、特に断りがある場合を除き、当館所蔵の16ミリ映画フィルムです。
上映映画に関する詳しい情報は、下記のような映画情報サイト等で確認することができます。

KINENOTE - 映画データベース(キネマ旬報社)
映画情報 - Yahoo!映画
映画情報 - goo映画
映画情報 - ぴあ映画生活

当館所蔵16ミリ映画フィルムは、都内で活動する登録団体に貸出しています。

詳しくは、東京都立多摩図書館まで。

〒185-8520 東京都国分寺市泉町2-2-26 電話:042-359-4020
 

このページの先頭へ▲