銀太捕物帳本所七不思議のひみつ

銀太捕物帳本所七不思議のひみつの画像

銀太捕物帳本所七不思議のひみつ

那須正幹作 長野ヒデ子絵
岩崎書店
2002年
主人公 銀太。岡引(おかっぴき)のお父さんと本所、亀沢町の長屋に住んでいます。
時代 江戸時代
舞台 深川、本所。今の江東区と墨田区
紹介  銀太は、兄の百太郎のあとをついで、岡引の手伝いをしています。本所七不思議 (ほんじょななふしぎ) のひとつ「おいてけ堀 (ぼり) 」という堀にまつわる怪事件を、銀太は寺子屋のなかまといっしょに解決していきます。
まめちしき
岡引
 江戸の町の南北に町奉行所 (まちぶぎょうしょ) がひとつずつあって、それぞれ与力 (よりき) が25人、同心 (どうしん) が100人おかれていました。同心の下には「岡引」や、その子分の「下引」(したっぴき)がいて、役人に協力していました。銀太は「下引」に当たりますね。
<参考文献> 『調べ学習日本の歴史14 町人の研究』(ポプラ社)
前のページへ 次のページへ

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)