江戸のおもちゃ屋

江戸のおもちゃ屋の画像

江戸のおもちゃ屋

来栖良夫著 久米宏一絵
岩崎書店
1970年
主人公 浅草のおもちゃ屋、武蔵屋の主人
時代 天保年間(1830~1844)
舞台 浅草
紹介  武蔵屋 (むさしや) は、「ぜいたく屋」とよばれるおもちゃ屋でした。高価なおひなさまや手まりなどを大名に売って、繁盛 (はんじょう) していました。天保 (てんぽう) の改革 (かいかく) でぜいたくは禁止され、武蔵屋も禁制 (きんせい) の品をあつかった罪で、財産を取り上げられ、江戸に住めなくなります。武蔵屋の主人が、自分の半生をふりかえって、飢饉 (ききん) 、打ちこわし、黒船来航など、江戸末期の混乱を語ります。
まめちしき
手まり
 木綿 (もめん) や絹の糸でかがった手まりは、女の人が機織 (はたお) りの糸くずで作ったものでした。江戸時代には城下町で盛んに作られ、地方色のある模様 (もよう) をかがった美しい手まりが今に伝わっています。
<参考文献> 『少年民芸館』 外村吉之介著 用美社
前のページへ 次のページへ

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)