ばけもの千両

ばけもの千両の画像

ばけもの千両

菊地正著 市川禎男絵
偕成社
1979年
主人公 江戸の人々と動物たち
時代 安永(1772)年間から安政(1860)年間
舞台 江戸市中
紹介  油問屋の奉公人 (ほうこうにん) 、十十郎(とおじゅうろう)は、主人に頼まれて神田明神下 (かんだみょうじんした) のばけもの長屋に住むことになります。ところが毎晩出てくるのはネズミばかり。十十郎はネズミにエサをやるうちに仲良くなり、おもしろい話を聞かせてもらいます。命を助けられたヘビが女の子に恩返 (おんがえ) しをした話、江戸湾でとらえられたクジラの話、かわいがっていた犬が主人の身代わりに処刑 (しょけい) された話など、人と動物の不思議な話ばかりです。
まめちしき
捕鯨
 日本人は縄文時代 (じょうもんじだい) から捕鯨 (ほげい) をしてきました。江戸時代には、あみでクジラを取る方法が広がりました。数百人の人々が船に乗り、大きなクジラを二重三重のあみで囲い、もりを打ちこみます。浜には大勢の人たちがクジラの解体のために働き、捕鯨は大きな産業になりました。
<参考文献> 『鯨と日本人のくらし』 秋道智彌著 ポプラ社
前のページへ 次のページへ

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)