めぐろのさんま

めぐろのさんまの画像

めぐろのさんま

川端誠作
クレヨンハウス
2001年
主人公 江戸の殿さま
時代 江戸時代
舞台 殿さまが、野がけの途中に寄った目黒
紹介  殿 (との) さまが野がけの途中、目黒 (めぐろ) を通りかかると、さんまの匂 (にお) いがします。殿さまは生まれて初めて真っ黒に焼けてあつあつのさんまを食べます。そのおいしかったこと。城に帰ってからも忘れられませんが、さんまは殿さまの食べる魚ではないと家来 (けらい) に言われてしまいます。有名な落語を絵本にしたものです。
まめちしき
目黒
 江戸を守るために目黒不動 (めぐろふどう) が置かれた場所が、現在の目黒です。江戸城を中心に青(目青 (めあお) 不動)・白(目白不動)・赤(目赤 (めあか) 不動)・黒(目黒不動)・黄(目黄 (めき) 不動)の五色の不動が置かれました。東・西・南・北・中央の方位 (ほうい) を表しているともいわれています。
<参考文献> 『行ってみよう 東京江戸たんけんガイド』 田中ひろみ著 PHP研究所
前のページへ 次のページへ

ページの一番上へ▲

都立中央図書館 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 03-3442-8451(地図)
都立多摩図書館 〒185-8520 国分寺市泉町2-2-26 042-359-4109(地図)