伝統文化に関する講演会「私見 日本の美術」

古来より数多くの名作が生み出されている大和絵、合戦図、浮世絵などは、日本が世界に誇る伝統文化です。
本講演では、伝統的な手法に現代的なモチーフを自由に混在させ、緻密な作品を生み出す画家・山口晃氏が日本の美術の魅力について私見を語ります。美術鑑賞が楽しくなるような知識とともに、日本の美術の魅力をお伝えします。
 
 お申込みはこちら。
 

日時

平成30年1月21日(日)
午後2時から午後4時まで(午後1時30分受付開始)

会場

東京都立中央図書館 4階 多目的ホール
東京都港区南麻布5-7-13
(東京メトロ日比谷線「広尾」駅 徒歩8分)

講師

山口 晃(やまぐち あきら)氏
画家

講師の山口氏の写真
Photography by Yohei Sogabe, Courtesy Mizuma Art Gallery

著作: 
『山口晃 前に下がる下を仰ぐ』(青幻舎)
『探検!東京国立博物館 藤森照信×山口晃』(淡交社)
『山口晃大画面作品集』(青幻舎)
『ヘンな日本美術史』(祥伝社)
『すゞしろ日記』(羽鳥書店)ほか多数

定員

100名(応募者多数の場合、抽選)

参加費

無料

お申込み

  • ホームページ :当ページ下の申込みフォームにご記入ください。
  • 往復はがき :
    (1)伝統文化に関する講演会希望、(2)住所、(3)氏名(ふりがな)、(4)電話番号を記入し、
    「〒106-8575 東京都立中央図書館 人文科学担当」宛てにお送りください。(1人1枚)
    ※手話通訳又は要約筆記を御希望の方は、どちらかを御記入ください。
    ※介助者等(1人まで)の同行があり、座席が必要な場合又は車いすで参加される場合は、その旨を御記入ください。
    ※託児サービスを御希望の方は、その旨と年齢及び人数を御記入ください。     

        締切:平成29年12月25日(月)(往復はがきは消印有効)

 

お問合せ

東京都立中央図書館
〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13
03-3442-8451(代)(人文科学担当 平日午前9時から午後5時まで)

*講演会「私見 日本の美術」チラシ
   画像をクリックすると、PDFファイルが開きます(PDFファイル 1.5MB)。

    都立中央図書館講演会「私見 日本の美術」チラシ

講演会申込み受付フォーム

○下記の必要事項を御記入ください。
○入力された個人情報は、講演会の実施及びアンケート集計にのみ利用いたします。
これらの情報は厳重に管理され、第三者に開示することはありません。

講演会「私見 日本の美術」平成30年1月21日(日)午後2時から午後4時まで(都立中央図書館 多目的ホール)

記入欄  ※印の項目は必ずご記入ください。
 
 
 
 
 
ハイフンは必要ありません。数字を続けて入力してください。例:1068575
 
 
※当日連絡が取れる番号を入力してください。また、ハイフンやカッコは必要ありません。数字を続けて入力してください。例:0334428451
 
 
事務局への御連絡事項等ございましたら御記入ください。
(例)手話通訳又は要約筆記の希望、介助者(1人まで)の同行があり座席が必要、車いすでの参加、託児サービスの希望(年齢・人数)等
このページからの送信内容は暗号化されますので安全に送信することができます。
「設置サイト以外からは送信できません」等のエラーメッセージが出たときはお手数ですが、再度、 こちらのページから送信しなおしてみてください。

このページの先頭へ▲