全国公共図書館協議会事業概要

1 概要

 全国公共図書館協議会(全公図)は、全国の公共図書館を会員として組織しています。全公図は、全国の公共図書館相互の連絡を密にし、図書館に関する調査研究を行い、図書館の発展を図ることを目的としています。
 役員は、会長、副会長、理事及び監事で構成しています。

2 掲載

  1. 通知文
  2. 報告書
  3. 規約

3 沿革

 全国の公立図書館の充実と発展のため、全国公立図書館長協議会として、昭和42年5月30日に設立しました。
 全国公共図書館協議会は、全国公立図書館長協議会と全国図書館協議会連合会が合併し、昭和45年6月25日に発足しました。

4 構成

 全国の公共図書館をもって、構成しています。国立国会図書館は、客員として、理事会及び総会に出席して意見を述べることができます。
 会員数は、日本図書館協会発行「日本の図書館」の都道府県立図書館、市区立図書館、町村立図書館の図書館数を使用しています。

5 会議

  1. 総会  年1回  主要事業の決定、予算の決定、規約の改正等を行います。
  2. 理事会 年2回  総会提出議案、総会委任事項等の審議を行います。

6 事業

  1. 公共図書館に関する行政、財政及び事業の調査研究
  2. 資料の収集及び情報の交換
  3. 関係機関に対する要望
  4. その他目的を達成するために必要な事項

7 連絡先

全国公共図書館協議会
(National Council of Public Libraries,Japan)

事務局 〒106-8575 TEL 03-3442-8451 内線2219
FAX 03-3442-8919

このページの先頭へ▲