ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

少量脱酸

2009年10月26日更新

少量脱酸の方法もさまざまありますが、都立図書館で行っている、炭酸水素マグネシウム水溶液を使った水性処理とブックキーパー法とよばれる方法を紹介します。
まず、炭酸水素マグネシウム水溶液を使った水性処理ですが、都立図書館では、平成13年度以降、この方法による少量脱酸を、大量脱酸同様、東京都関係の資料から、計画的に進めています。対象資料は、大量脱酸のDAE法には不適で、しかも水性処理に支障のない資料ですので、地図などの一枚ものの資料になります。

使用する主な道具や材料など

使用する主な道具や材料の画像

  1. 中性紙チェックペン(酸性紙かどうかをチェックする。)
  2. 冷水
  3. ソーダバルブ
  4. ソーダサイフォン
  5. 水酸化マグネシウム
    水酸化マグネシウム水溶液に炭酸を注入し、冷蔵庫で冷やして、炭酸水素マグネシウム水溶液を作ります。
    作り方については、『防ぐ技術・治す技術-紙資料保存マニュアル-』(日本図書館協会)を参照してください。

水性処理

スポットテストの画像

この処理は水性であるため、事前に資料の印刷、書き込み、受入印などについて、耐水性をチェックします。(スポットテスト)

脱酸の画像

水溶液は刷毛で塗り、資料に充分浸透させます。液槽の中に漬け込む方法が最も効果がありますが、装置などの関係で現在は行っていません。

乾燥の画像

水分を含んでいるため、そのまま乾かすと歪みや皺ができるので、板に挟んで乾かします。

ブックキーパー法

次に、ブックキーパー法ですが、これは酸化マグネシウム微粒子を分散させた非水性の処理液(市販)を資料に噴霧する方法です。
都立図書館では、大量脱酸のDAE法にも、水性処理にも不適な資料に限定して、この方法による少量脱酸をおこなっています。

ブックキーパー法の画像

スプレーで処理液をまんべんなく資料に噴霧します。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。