ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

修理・製本に使う道具類の紹介

資料保全室では、修理や製本あるいは保存手当のために、さまざまな道具を使います。ここではそのなかから主なもの(一部材料も含む)を紹介します。

資料保全室の画像

資料保全室

断裁1の画像

<断裁(裁断機)1>

紙を切る機械で、1963年(昭和38年)製。
刃の重量は10kg程で、刃渡りは120cmあり、最大紙幅100cmまで、厚さは14cmまで切ることができる

断裁2の画像

<断裁(裁断機)2>

左の写真のものより少し小型で、1991年(平成3年)製

油圧プレスの画像

<油圧プレス>

この電動油圧機は1962年(昭和37年)製。最大で150kg/平方センチメートル圧まで可能。通常50kg/平方センチメートル程度の圧力をかけて密着させる。

刷毛の画像

  1. 糊刷毛(のりばけ):糊づけに使用する
  2. 撫刷毛(なでばけ):裏打ち紙の接着に上から撫でて使用する
  3. 水刷毛(みずばけ):紙や布に水分を含ませるために使用する
  4. 平筆(ひらふで):細かい部分の糊づけや水分を含ませる際に使用する

糊盆の画像

5. 糊盆(のりぼん):刷毛を使って、糊を水で溶きながら練るための容器。写真は都立図書館で使用しているもので、糊溜りにはゆるい勾配がつくられている

目打ち台、樫矢の画像

6. 目打ち台:目打ちで穴をあけるときに使用する
7. 樫矢(かしや、柏棒ともいう):目打ち用木製叩き棒

裂へらの画像

8. 裂へら(さきへら):紙を裂くためのへら

物差しの画像

9. 物差し:(上)センチ差し。用途により、尺差し(下)も使用する

包丁類の画像

10. 皮すき包丁:皮すき、紙などを裁つのに使用する
11. 手包丁:紙の裁断に使用する

カッターの画像

12. カッター:紙の裁断に使用する

花布の画像

13. 花布(はなぎれ):洋装本の背の天地に補強・飾りとして貼るカラフルな小布

裁ちばさみの画像

14. 裁ちばさみ:布の裁断に使用する

スピンの画像

15. スピン:しおりひも

やすりとドレッサーの画像

16. 紙やすり:接着しにくい紙の表面を削ったり、筒型にして飛び出た紙を削り落としたりする場合などに使用する
17. ドレッサー:ボードの面とりに使用する

目引き、竹指輪、コツの画像

18. 目引き(めびき):角布(かどぎれ)をつける部分に引き目をつける道具
19. 竹指輪(たけゆびわ):表紙貼りの折り返しなどに使用する
20. コツ:背の丸み出しや背固めのときにこする道具

丸才の画像

21. 丸才(槌)(まるさいづち):紙のならしなどに使用する木槌

銀杏ごての画像

22. 銀杏ごて(いちょうごて):加熱して表紙の溝付けに使用する

カルカヤの画像

23. カルカヤ:製本用たわし。背固めなどのときに背をこする

目打ち類の画像

24. はと目打ち:はと目(丸)の穴あけ
25. 菊つぶし:はと目用具
26. 平目打ち(ひらめうち):平目(細長い穴)の穴あけ
27. 目打ち(めうち):穴をあけるほか、採寸やへらの代用としても使用する

針金除去の画像

針金除去に使用する道具類
28. ドライバー
29. エンマ
30. ヤットコ
ほかに、ニッパ等も使用する

へらの画像

31. 掛けへら(かけへら):和本の表紙掛けや接着時に擦るために使用する
32. 折りへら:紙をきれいに折るためのへら
ほかにも用途に合わせてさまざまなへらを使用する

糸、針の画像

33. 糸(綴じ糸):麻、木綿、絹と用途によって素材と太さが異なる
34. 針:糸の太さにより針の太さも異なる

重し、板の画像

35. 重し:市販の「漬物石」が便利
36. 板:写真はアクリル製だが、木製、合わせボール(紙)なども使用する

手機械の画像

37. 手機械(てぎかい):接着時等に上から押さえるために締めて使用する

ピンセットの画像

38. ピンセット:つまんだり、剥がしたり等、細部の作業時に指先のように使用する

霧吹きの画像

39. 霧吹き:しわ伸ばし、裏打ち等、紙を湿らすときに使用する

糸のこの画像

40. 糸のこ:糸かがりなどで背に切れ目を入れるときに使用する

編み棒の画像

41. 編み棒:溝の接着効果を高めるためにあてがったり、ノド部に糊を差し入れるときに使用する

アイロンの画像

42. アイロン:補修テープの剥がし等に低温で使用する

金槌・玄能の画像

43. 金槌・玄能(げんのう):背の丸み出し等に使用する

超音波ウェルダーの画像

44. 超音波ウェルダー:
一枚ものの資料をポリエステルフィルムに封入する際、ポリエステルフィルムを溶着・溶断する機器
使用方法については「フィルム・エンキャプシュレーション」のページを参照

加熱式超音波加湿器の画像

45. 加熱式超音波加湿器:
古い糊などをはがすための機器
水分量と温度を微妙に調整できる

筋押機(すじおしき)の画像

46. 筋押機(すじおしき):
厚い紙に折り筋をつける機器
紙の厚さによって筋の幅を調節できる

集塵機の画像

47. 集塵機:
書籍に付着した塵埃を集塵する機器
プレフィルタとHEPAフィルタが装着してある
有機溶剤を使用する際にも利用できる

サクションテーブルの画像

48. サクションテーブル:
テーブル型の修復用機器
テープ痕の除去などに使用する

ブックカバー装着機

49. ブックカバー装着機:
書籍にポリエチレンの透明カバー(PAT=写真活性度試験合格)を装着する機器。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。