ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

令和2年1月 定例映画会 「わが愛の譜(うた) 滝廉太郎物語」「山のアニメ特集」

2019年11月25日

■東京都立多摩図書館が所蔵する16ミリフィルムを上映するイベント

「わが愛の譜(うた) 滝廉太郎物語」

日時:1月5日(日) 午後2時(開場は午後1時30分)
会場:東京都立多摩図書館 2階 セミナールーム  先着200名程度

『わが愛の譜(うた) 滝廉太郎物語』
 カラー 123分 フィルム制作:東映、日本テレビ(1993年)

日本音楽界の黎明期、滝廉太郎は短い間に数多くの名曲を残して早世した。明治28年に16才の彼が東京音楽学校の本科へ進学してから、23才で生涯を終えるまでを描く。劇中、数々の名曲が演奏される。
監督:澤井信一郎 出演:風間トオル、鷲尾いさ子ほか

「山のアニメ特集

日時:1月25日(土) 午後2時(開場は午後1時30分) ※開催日にご注意ください
会場:東京都立多摩図書館 2階 セミナールーム  先着200名程度

①『山の音(ね) 琴の詩(うた)』
 カラー 20分 フィルム制作:上海美術電影(1988年)

笛の得意な少年が、疲れ果てた旅人に出会う。少年の看病のおかげで元気になった旅人は、少年に琴を託す。彼を師と仰ぎ、手ほどきを受けた少年の琴の腕はみるみる上達するが、やがてふたりに別れの時が訪れる。詩情あふれる中国の水墨画アニメ。セリフなし。

②『ちびっこカムのぼうけん』
 カラー 62分 フィルム制作:ビデオ東京プロ、共同映画全国系列会議(1976年)

少年カムは母親の病気を治そうと、トナカイのプルガと共に、恐ろしい大男のガムリィのいる火の山へ"イノチノクサ"を求めて旅立つ。日本で初めての長編人形アニメ。 
原作:神沢利子 脚本・監督:河野秋和

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。