ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

令和2年3月 定例映画会「アニメ〜グリム童話〜」「アニメ〜絵本と童話〜」

2020年2月 6日

■東京都立多摩図書館が所蔵する16ミリフィルムを上映するイベント

アニメ「グリム童話」

日時:3月1日(日) 午後2時(開場は午後1時30分)
会場:東京都立多摩図書館 2階 セミナールーム  先着200名程度

①『七羽のからす』
 カラー 22分 フィルム制作:デファフィルム(1977年)

7人の男の子の後に待望の女の子が生まれた日、兄達は魔法使いにカラスにされてしまう。妹は兄さんを助けようと、海の王様や、太陽や月や星を訪ね、やっとガラスの山にたどり着いたが、山の入り口の鍵をこわしてしまう。ドイツのアニメ。

②『テーブルよごちそうを』
 カラー 35分 フィルム制作:デファフィルム(1977年)

年寄りの洋服屋が嘘つき山羊に騙され、3人の息子を家から追い出す。旅に出た兄弟は成功して、それぞれ御馳走の出るテーブル、金貨を吐くロバ、人を叩いてまわるこん棒を持ち帰る。だが、帰り道で宿屋の主人にテーブルとロバを普通のものとすり替えられてしまう。宿屋の主人がこん棒もすり替えようとすると、こん棒に叩かれる。グリム童話の人形劇。 

③『勇敢な仕立屋』
 カラー 30分 フィルム制作:ソビエト動画スタジオ(製作年不明)

7匹の蠅をひと打ちで打ち落としたことから、自分に自信を持った仕立屋は勇気を出して旅に出る。力比べで大男を負かした仕立屋の評判は、いつしか「ひと打ち7人」と高まる。仕立屋を恐れた王様の計略も知恵で乗り越え、仕立屋は一角獣にまたがって陽気な旅を続ける。

アニメ「絵本と童話

日時:3月20日(金・祝) 午後2時(開場は午後1時30分) ※開催日にご注意ください
会場:東京都立多摩図書館 2階 セミナールーム  先着200名程度

①『はらぺこあおむし・だんまりこおろぎ・ごちゃまぜカメレオン』
 カラー 22分 フィルム制作:イルミネイテッド・フィルム、スコラスティック・プロダクション(1993年)

生まれたての青虫が果物からハムやケーキまで毎日食べ続け、ある日カラフルな蝶に変身する『はらぺこあおむし』他、エリック・カールの絵本が原作の3作品。
原作:エリック・カール

②『パパ、お月さまとって!・うたがみえる、きこえるよ』
カラー 13分 フィルム制作:イルミネイテッド・フィルム、スコラスティック・プロダクション(1993年)

娘のために父親が高い山に長い梯子を立てて、どんどん登っていく『パパ、お月さまとって!』と、黒い切り絵のバイオリニストの弾く弦から様々な色の玉がはじけこぼれ、音と色彩の舞いがくり広げられる『うたがみえる、きこえるよ』の2作品。
原作:エリック・カール

③『ロージーのおさんぽ』
 カラー 5分 フィルム制作:ウエストン・ウッズ社(1972年)

散歩中のめんどりロージーを狐が襲おうとするが、何度やっても失敗する。平和な世界に起るたくらみと失敗、スリルと解放感をユーモラスに描く。絵本の絵をそのまま使ったアニメーション。
原作:パット・ハッチンス

④『ハロルドのふしぎなぼうけん』
 カラー 7分 フィルム制作:ウエストン・ウッズ社(1972年)

壁に絵がほしいと思った男の子・ハロルドが紫色のクレヨンで家々を描くと、町になった。彼は絵の中に入り込み、海を渡り、線路を描く。
原作:クロケット・ジョンソン

⑤『王さまでかけましょう』
 カラー 12分 フィルム制作:アポロン音楽工業(1992年)

王さまの部屋の窓の上に、今年もつばめがやってきた。王さまはつばめがいたというアフリカに行ってみたくなり、つばめといっしょにアフリカに出かけることになったが...。ユーモラスな王さまの物語を楽しくアニメ化した作品。
原作:寺村輝夫

⑥『くまの子ウーフ』
 カラー 18分 フィルム制作:みんなとウーフの会(1982年)

みどりの野原はきんぽうげがいっぱい。くまやきつね、うさぎやめんどりなど、人形がいきいきと動く。神沢利子原作『くまの子ウーフ』の人形アニメ。 

>>令和2年3月上映案内

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。