『江戸名所図会 3巻』より「青渭社 虎柏社(あおいのやしろ とらかしわのやしろ)
斎藤長秋(さいとうちょうしゅう)編 長谷川雪旦(はせがわせったん)画 天保5年(1834)~天保7年(1836)刊 加賀文庫 加256

 青渭社とは調布市深大寺にある青渭神社のことで、古くから深大寺の総鎮守として信仰を集めていました。境内にあった大池の湧水が青波のように見えたことから青波天神社とも称されました。
 虎柏神社は調布市佐須町にあり、崇峻天皇の時代(589)に創建され、狛江郷(現在の狛江市と調布市あたり)に住居を定めた渡来人の集落神として祀られたものと言われています。


印刷する