『江戸名所図会 3巻』より「分倍河原 陣街道」
長谷川雪旦(はせがわせったん)画 天保5~7年(1834~1836)刊 加賀文庫 256

 府中本町と関戸(現・多摩市諏訪町あたり)を結ぶ道を陣街道と呼んでいました。奥州から鎌倉へ向かう軍勢が陣立して往来したことに由来し、鎌倉と北関東を結ぶ重要道路で「鎌倉道」とも称されていました。


印刷する