印刷する

『江戸名所図会 3巻』より「清水立場(しみずのたてば)
斎藤長秋(さいとうちょうしゅう)編 長谷川雪旦(はせがわせったん)画 天保5年(1834)~天保7年(1836)刊 加賀文庫 加256

『江戸名所図会 3巻』より「清水立場(しみずのたてば)」

 谷保天神社(やほてんじんのやしろ)を下ったところに清水立場(しみずのたてば)という休憩所がありました。このあたりは谷保随一の湧水地で、夏になるとそばやそうめんを清水にひたして、炎天下の甲州街道を旅する人々をもてなしたといわれています。