ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

司書のおすすめ本

2018年6月28日更新

都立図書館には、眺めるだけでも楽しめる本、あまり知られていない業界専門雑誌、読んでいるだけでお腹がすいてきそうな本、意外な東京に出会える本、など様々な資料があります。
都立図書館Facebookでは当館の司書が「これは!」と感じた本や雑誌を、「司書のおすすめ本」として、リレー形式で執筆・掲載しています。

なお、「司書のおすすめ本」で紹介してきた本や雑誌約60冊を都立中央図書館1階入口でご覧になれます。

これまでにご紹介した本

書名をクリックすると、Facebookに掲載されている紹介文を見ることができます。

司書のおすすめ本第88回『アイヌの神謡』の書影 司書のおすすめ本 第87回 「文体練習」の表紙 司書のおすすめ本 第86回 ぼくは高尾山の森林保護員 土偶のリアルの表紙画像

88回

アイヌの神謡』久保寺逸彦編訳 草風館 2004年

87回

文体練習』レーモン・クノー著 朝比奈弘治訳 朝日出版社 1996年

86回

ぼくは高尾山の森林保護員』宮入芳雄著 こぶし書房 2014年

85回

土偶のリアル』譽田亜紀子著 武藤康弘監修 スソアキコ絵 山川出版社 2017年

84回

ロボット 職を奪うか、相棒か? 』ジョン・ジョーダン著 日本評論社 2017年

83回

東アジア近現代史』新版 上原一慶・桐山昇・高橋孝助・林哲 著 有斐閣 2015年

82回

わたしたちの島で』アストリッド・リンドグレーン作 ロバート・ヘイルズ絵 尾崎義訳 岩波書店 2014年

81回

図書館の魔女』上・下 高田大介著 講談社 2013年

80回

銭湯は、小さな美術館』ステファニー・コロイン著 啓文社書房 2017年

79回

東京の自然史』(講談社学術文庫) 貝塚爽平著 講談社 2011年

78回

HELLO PANDA アドベンチャーワールドのパンダたち』 小澤千一朗作 トランスワールドジャパン 2017年

77回

紙さまの話 紙とヒトをつなぐひそやかな物語』 大平一枝著 誠文堂新光社 2016年

76回

時刻表探検 数字に秘められた謎を解く』 旅と鉄道編集部編 天夢人 2017年

75回

才能を引き出した情報空間 トップランナーの図書館活用術』 岡部晋典著 勉誠出版 2017年

74回

文庫解説ワンダーランド』(岩波新書) 斎藤美奈子著 岩波書店 2017年

73回

男子』梅佳代著リトルモア 2007年

72回

くらべた・しらべたひみつのゴキブリ図鑑』 盛口満 絵・文 岩崎書店 2016年

71回

寝ても覚めても』柴崎友香著 河出書房新社 2010年

70回

水辺にて on the water / off the water』梨木香歩著 筑摩書房 2006年

69回

旅する力-深夜特急ノート-』 沢木耕太郎著 新潮社 2008年

68回

HO』 ぷらんとマガジン社

67回

楽園のカンヴァス』(新潮文庫) 原田マハ著 新潮社 2014年

66回

全国野球場巡り 877カ所訪問観戦記』斉藤振一郎著 現代書館 2017年

65回

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い』 水戸岡鋭治著 日経BP社 2015年

64回

理系の子 高校生科学オリンピックの青春』 ジュディ・ダットン著 横山啓明訳 文藝春秋 2012年

63回

俳句・短歌・川柳と共に味わう猫の国語辞典』 佛渕健悟、小暮正子編 三省堂 2016年

62回

写真でわかる雑草の呼び名事典』 亀田龍吉写真・文 世界文化社 2012年

61回

統計でウソをつく法 数式を使わない統計学入門』 ダレル・ハフ著 高木秀玄訳 講談社 1979年

60回

気仙沼ニッティング物語 いいものを編む会社』 御手洗瑞子著 新潮社 2015年

59回

日本のブックカバー』 書皮友好協会監修 グラフィック社 2016年

58回

中野京子と読み解く 名画の謎 対決編』 中野 京子 著 文藝春秋 2015年

57回

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』 青木正児ほか著、 津原泰水編 芸術新聞社 2015年

56回

日本の色 売れる色には法則があった!』 桜井 輝子著 朝日新聞出版 2016年

55回

ピクトさんの本』 内海慶一著 ビー・エヌ・エヌ新社 2007年

54回

打ちのめされるようなすごい本』米原万里著 文藝春秋 2006年

53回

何度でも行きたい世界のトイレ』ロンリー・プラネット編 河出書房新社 2016年

52回

センス・オブ・ワンダー』 レイチェル・カーソン著 上遠恵子訳 新潮社 1996年

51回

最新人工知能がよ〜くわかる本』 神崎 洋治著 秀和システム 2016年

50回

吉野朔実は本が大好き 吉野朔実劇場ALL IN ONE』 吉野朔実著 本の雑誌社 2016年

49回

戦場のコックたち』 深緑野分著 東京創元社 2015年

48回

ネコライオン』 岩合光昭著 クレヴィス 2013年

47回

駅をデザインする』 赤瀬達三著 筑摩書房 2015年

46回

スヌーピーの50年 世界中が愛したコミック『ピーナッツ』愛蔵版』 チャールズ・M・シュルツ 著 三川基好 訳 朝日新聞社 2001年

45回

生物と無生物のあいだ』 福岡伸一著 講談社 2007年

44回

英語で伝える和のおみやげ図鑑』広田千悦子著 ギャビン・フルー訳 講談社 2012年

43回

大地の咆哮 元上海総領事が見た中国』杉本信行著 PHP研究所 2006年

42回

島へ。』海風舎

41回

東京、きのう今日あした』 伊藤滋 著 NTT出版 2008年

40回

ゆる妖怪カタログ』妖怪文化研究会著 河出書房新社 2015年

39回

闇の河』ケイト・グレンヴィル著 一谷智子訳 現代企画室 2015年

38回

外国語には訳せないうつくしい日本の言葉』 デュラン・れい子著 あさ出版 2015年

37回

図書館法を読む』 森耕一 編 日本図書館協会 1990年

36回

猫語の教科書』ポール・ギャリコ著 灰島かり訳 筑摩書房 1995年

35回

和本入門 千年生きる書物の世界』 橋口侯之介著 平凡社 2005年

34回

トランヴェール』ジェイアール東日本企画編 東日本旅客鉄道

33回

少女霊異記』 高樹のぶ子 著 文藝春秋 2014年

32回

殊能将之読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snow』殊能将之著 講談社 2015年

31回

恋しくて』村上春樹編 中央公論新社 2013年

30回

江戸時代の老いと看取り』柳谷慶子著 山川出版社 2011年

29回

日本懐かしアイス大全』アイスマン福留著 辰巳出版 2015年

28回

トロイアの真実』大村幸弘著 大村次郷写真 山川出版社 2014年

27回

神聖喜劇』全5巻 大西巨人著 光文社 1980年

26回

おべんとうの時間』 阿部了写真 阿部直美文 木楽舎 2010年

25回

ブロード街の12日間』デボラ・ホプキンソン著 あすなろ書房 2014年

24回

ムラヴィンスキーと私』河島みどり著 草思社 2005年

23回

江戸川乱歩傑作選』 江戸川乱歩著 新潮社 2009年

22回

奇界遺産』[1]佐藤健寿/編著 エクスナレッジ 2010年

21回

不思議な尻尾』マーガレット・マーヒー著 山田順子訳 佐竹美保装画 大野リサ装幀 東京創元社 2014年

20回

ラフカディオ・ハーンのクレオール料理読本』 ラフカディオ・ハーン著 TBSブリタニカ 1998年

19回

フォルクスワーゲンビートル 3世代にわたる歴史と文化の継承』 武田隆著 三樹書房 2015年

18回

ハーレムの闘う本屋』ヴォーンダ・ミショー・ネルソン著 あすなろ書房 2015年

17回

蔦重の教え』車浮代著 飛鳥新社 2014年

16回

3時のアッコちゃん』柚木麻子著 双葉社 2014年

15回

死ぬまでに東京でやりたい50のこと』松澤茂信著 青月社 2015年

14回

華氏451度』 レイ・ブラッドベリ著 早川書房 2008年

13回

元素生活』 寄藤文平著 化学同人 2009年

12回

マルコヴァルドさんの四季』 イタロ・カルヴィーノ作 岩波書店 2009年

11回

幕が上がる』 平田オリザ著 講談社 2012年

10回

雑誌の人格』 能町みね子著 文化学園文化出版局 2013年

9回

日本一の給食レシピ : 子どもがすくすく育つ』 松丸奨著 講談社 2014年

8回

暗号解読 : ロゼッタストーンから量子暗号まで』 サイモン・シン[著] 新潮社 2001年

7回

久坂玄瑞の妻 : 小説吉田松陰の妹・文子』田郷虎雄著 KADOKAWA 2014年

6回

読書の技法 : 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』 佐藤優著 東洋経済新報社 2012年

5回

棒を振る人生 : 指揮者は時間を彫刻する』 佐渡裕著 PHP研究所 2014年

4回

緩慢の発見』 シュテン・ナドルニー著 白水社 2013年

3回

コンビニ』 アール・アイ・シー編 アール・アイ・シー

2回

百年続く企業の条件 : 老舗は変化を恐れない』 帝国データバンク史料館編 朝日新聞出版 2009年

1回

小公女』フランシス・ホジソン・バーネット著 福音館書店 2011年

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。