ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

この本はありますか?

Q住宅地図はありますか?
A東京都全域と、関東の一部について所蔵しています。中央・多摩図書館で所蔵地域・期間が異なりますので、詳しくは当ホームページの蔵書検索などでご確認ください。なお、国立国会図書館では全国の住宅地図が閲覧できます。
Q路線価図はありますか?
A都立図書館では、(1)「東京国税局(東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)」、(2)「関東信越国税局(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、新潟県、長野県)」管内の路線価図を所蔵しています。中央図書館では(1)(2)、多摩図書館では(1)を所蔵しています。なお、最近3年分については、国税庁のホームページの「路線価図・評価倍率表」から閲覧できます。また、『東京都特別区固定資産税路線価図』を中央図書館で所蔵しています。
Q全国の電話帳はありますか?
A中央・多摩図書館で全国のタウンページ・ハローページの最新版を閲覧できます。過去の電話帳については、中央図書館で東京都全域分を保存しています。
Q全国の地方新聞はありますか?
A中央図書館で原則として1県につき1紙ずつ収集しており、過去4年分が閲覧できます。多摩図書館では、東京・神奈川・埼玉・千葉・山梨のみ閲覧できます。
Qスポーツ新聞はありますか?
A中央図書館では『スポーツニッポン』『日刊スポーツ』『スポーツ報知』『サンケイスポーツ』を過去4年分閲覧できます。多摩図書館では『日刊スポーツ』を過去4年分閲覧できます。
Q外国の雑誌・新聞はありますか?
A中央図書館では主だった外国語雑誌・新聞を中心に、新聞を約100種、雑誌を約250種所蔵しています。多摩図書館は、「東京マガジンバンク」として雑誌を中心としたサービスを行っており、新聞5種、雑誌を約1400種所蔵しています。詳しくは当ホームページの蔵書検索などで御確認ください。
Q洋書や中国書など、外国の図書はありますか?
A中央図書館では、辞典・事典などの参考図書を中心に約13万6,000冊の洋書を所蔵しています。また、中国語図書を約5万8,000冊、韓国・朝鮮語図書を約1万6,000冊所蔵しています。多摩図書館では、外国語の児童書を約2万5,000冊所蔵しています。
Q都内区市町村の広報紙はありますか?
A中央図書館では、都内全区市町村の広報紙を所蔵しています。過去の分についても保存しています。多摩図書館では、多摩地域の広報紙のみ所蔵しています。
Q官報はありますか?
A中央・多摩図書館では明治16(1883)年7月分から所蔵しています。(一部マイクロフィルム、複製版)また、オンラインデータベース「官報情報検索サービス」では、昭和22(1947)年5月3日以降の検索ができます。
Q白書や政府刊行物のコーナーはありますか?
A中央図書館では白書や政府刊行物を1か所にまとめず、他の図書や年鑑と同じように主題別に分類しています。
Q有価証券報告書はありますか?
A都立図書館では所蔵していません。オンラインデータベース「eol」(総合企業情報データベース)に1984年以降の有価証券報告書が収録されています。
東京証券取引所(東証Arrows)・財務省関東財務局証券閲覧室などで閲覧できます。なお、インターネットでも、金融庁提供のEDINET『証券取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム』から閲覧できます。これは有価証券報告書等の開示書類を閲覧するホームページです。
Q教科書はありますか?
A都立図書館では現在使用されている教科書は所蔵していません。各都道府県に設置された「教科書センター」で見ることができます。戦前の国定教科書については、『日本教科書大系』(講談社)にその一部が収録されており、中央図書館で所蔵しています。また、国語・歴史・修身等の教科書の復刻版を中央図書館で所蔵しています。なお、以下の機関で教科書を所蔵しています。
  • 教科書研究センター附属教科書図書館
  • 国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館
  • 東京書籍(株)附設教科書図書館「東書文庫」
Q規格はありますか?
A日本工業規格(JIS)、日本農林規格(JAS)、国際標準化機構(ISO)規格、国際電気標準会議(IEC)規格を都立中央図書館で所蔵しています。英文のJISハンドブックも所蔵しています。
Q子供の本はありますか?
A多摩図書館で所蔵しています。児童・青少年図書、雑誌、子供の本と読書に関する研究書などを所蔵しています。図書約22万冊、雑誌約950タイトルがあり、この中には約2万5000冊の外国の子供の本も含まれています。中央図書館には、子供の本はありません。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。