ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

サモア独立国

基本情報

1 国名の由来

サモアは創造神タンガロアの息子モア、またはその化身の鳥に由来し「モア神の地(聖地)」という意味。「サ」はポリネシア語の場所を示す接頭語。

2 国旗の由来

5つの星は南半球のシンボルである南十字星で、星の白い色は国民の純粋性を象徴している。赤は勇気を、紺は太平洋と自由を表している。旧宗主国のニュージーランドの国旗を参考にデザインされた。

サモア独立国の国旗

3 面積

2,830平方キロメートル(東京都の約1.3倍)

サモア独立国の地図

4 人口

191,800人(2014年 世界銀行)

5 首都

アピア

6 言語

サモア語、英語(共に公用語)

7 宗教

キリスト教(カトリック、メソジスト、モルモン教等)

8 豆知識

日付変更線が近くにあり「世界で一番遅く日付が変わる国」「その日を最後に終える国」であることが観光の売りだった。2011年12月31日に時差を変更し、現在は夏時間のみ、世界で最も早く1日が開始される国の一つとなった。

資料リスト

No.書誌事項備考
1 Samoa : / H.G.A. Hughes. / Clio Press, / c1997.
2 History of Samoa / Robert Mackenzie Watson. / Hardpress Publishing, / [2012?]
3 サモア史 / 上 / 岩佐嘉親著 / 日本太平洋協会 / 1970
4 天使と翔ける冒険旅行 / 11 (太平洋の島々編) / ドク・ヨーコ写真・文 / ブックコム / 2013.5 p.69-98「5.トンガ王国とサモア [2009年11月23日-12月1日]」
5 Samoan medley. / R. Hale / [1961]
6 Samoa : / Deanna Swaney. / Lonely Planet, / 1994.
7 フマニタス / 馬場 喜敬著 / 北樹出版 / 1992.6 サモアの民話・ことわざの本
8 「最後の楽園」サモアで暮らす / 鳩山 幹雄著 / 風媒社 / 2000.9
9 Outline of Samoa : / Antigone Fernande (ed.). / Spir, / 2012.
10 現代社会と環境・開発・文化 / 橋本征治編著 / 関西大学東西学術研究所 / 1998.3 p.257-272「8 トンガと西サモアの首長制における王制と人民制の相違 ―トンガの貴族とサモア人のネットワーク―」
11 南太平洋を知るための58章 / 吉岡 政徳編著 / 明石書店 / 2010.9 p.181-194「サモア独立国/アメリカ領サモア」
12 Samoa : / Strategic information and developments. Volume 1. / International Business Publications, USA, / [2013?].
13 家族の文化誌 / 原ひろ子編 / 弘文堂 / 1986.11 p.117-136「サモアの家族」
14 南海の楽園 タヒチからサモアへの旅 / 岩佐嘉親著 / 双葉社 / 1967
15 資源人類学 / 05 貨幣と資源 / 内堀 基光総合編集 / 弘文堂 / 2007.12 p.109-143「エスニシティと「貨幣」 ―国境を越えるサモア人の交換とアイデンティティ」
16 儀礼としての経済 サモア社会の贈与・権力・セクシュアリティ / 山本 泰著 / 弘文堂 / 1996.2
17 ナファヌア 熱帯雨林を救う森の守護神 / ポール・アラン・コックス著 / サクセス・マルチミディア・インク / 2003.1 サモアへ渡った植物学者の回顧録
18 住まいはかたる / 学芸出版社 / 1999.1 p.171-188「サモア|ポリネシアの首長制社会|西サモア|」※西サモアは、サモア独立国の旧国名。
19 Samoan dictionary : / G. B. Milner. / Polynesian Press, / 1993.
20 サモア語辞書 / 米田公生著 / 米田公生 / 1985.7
21 サモア語入門 / 岩佐 嘉親著 / 泰流社 / 1989.9
22 サモア語会話集 / 岩佐 嘉親著 / 泰流社 / 1991.7

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。