ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

オリンピック・パラリンピックコーナー(Olympic and Paralympic Games)

2018年9月14日更新

都立中央図書館1階の中央ホールでは、「オリンピック・パラリンピック」、「伝統・文化」、「Books on Japan」の3つの展示を行っています。このページではオリンピック・パラリンピックについて知るための資料をご紹介します。

オリンピック・パラリンピックの歴史や、過去の大会の記録、競技種目などについて、約300冊の資料が閲覧できます。

In this exhibition, there are around 300 books describing Olympic and Paralympic history as well as sports and records from past Games.

オリパラコーナー写真

常設展示資料リスト

テーマ展示資料リスト

「オリンピック・パラリンピックと観光」

展示期間:2018.9.7〜2018.10.31

「観光(tourism)」という概念は意外に新しく、明治になって海外から入ってきたものです。国威発揚や外貨獲得を目的に観光政策が行われ、1940年の招致や1964年オリンピック開催時にも外国人観光客のため全国に大型ホテルが作られました。また首都高・新幹線などの交通機関が整備されたことは、その後の国内観光の活性化にも大きく寄与しました。
この展示では、観光の歴史からオリンピック・パラリンピックというムーブメントを紹介するとともに、東京2020大会に向けたホスト国としての「おもてなし」や、東京観光に関する資料をご紹介します。また、株式会社はとバスから東京1964オリンピック関連の資料をお借りして展示しています。ぜひご覧ください。

過去のテーマ展示 Archives

「オリンピック・パラリンピックとスポーツ写真」

展示期間:2018.5.11〜2018.9.5

オリンピック・パラリンピックの公式写真集や報道写真集を中心に、スポーツ写真に関する資料を展示しました。

「日本の技術〜オリンピック・パラリンピックと技術〜」

展示期間:2018.2.2〜2018.5.9

東京1964大会がもたらしたイノベーション、東京2020大会に向けた新技術、スポーツ用品における技術に関する資料を展示しました。

「平昌(ピョンチャン)オリンピック・パラリンピック」

展示期間:2018.1.12〜2018.3.28

平昌2018大会で活躍が期待される日本人選手に関する資料や、過去の冬季オリンピックに関する資料などを展示しました。

「オリンピックと1964年〜デザイン2(建築)〜」

展示期間:2017.9.8〜2018.1.10

国立霞ヶ丘競技場、国立代々木競技場、日本武道館といった競技場を中心に、東京1964オリンピックの建築、建築デザインに関する資料を展示しました。

「オリンピックと1964年〜デザイン〜」

展示期間:2017.5.12〜2017.9.6

シンボルマーク「日の丸」やポスターをデザインした亀倉雄策、東京1964オリンピックをきっかけに一般に使用されるようになったピクトグラム、その他東京1964オリンピックのデザインワーク等の資料を展示しました。

「パラリンピック」

展示期間:2016.12.27〜2017.5.10

2017年1月15日に開催したトークイベント「障害者スポーツの魅力とは何か?〜東京2020大会に向けて〜」に関連し、パラリンピックに関する資料を展示しました。

パスファインダー

都内公立図書館共通テーマ展示東京でおもてなしロゴ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。