ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

都立多摩図書館 企画展示「ヘイセイ→→→ミライ 〜平成から未来へ〜」

2019年3月22日

皆さんにとって、「平成」とはどんな時代でしたか。また、この先、どのような時代になっていくのでしょうか。
今回の展示では、年ごとのベストセラー本や創刊誌から平成の30年間をたどるほか、様々な雑誌を通して、トレンドやヒット商品、コミュニケーションツールなど、ジャンルごとの変化を振り返ります。
あわせて、AI(人工知能)や未来のライフスタイルなど、これからの時代に欠かせないテーマを取り上げた雑誌をご紹介します。

会期

2019年3月22日(金)から6月10日(月)まで
※休館日 4月4日(木)、4月19日(金)、5月9日(木)、5月17日(金)、6月6日(木)

時間

平日 午前10時から午後9時まで
土日祝 午前10時から午後5時30分まで

会場

東京都立多摩図書館 展示エリア(1階) 入場無料

コーナー紹介

プレイバックヘイセイ

平成を様々な観点から振り返ります。
平成30年間に起きた出来事や流行語等とともに、各年のベストセラ―と創刊号をご紹介するほか、平成を振り返る記事が掲載されている様々なジャンルの雑誌を展示します。このほか、映画・音楽などのエンターテインメントや、劇的な進化を遂げたデジタル機器、誰もが夢中になった平成のヒット商品や流行を、雑誌や図書で振り返ります。
また、都立多摩図書館では、雑誌を仲立ちとした知的創造と交流の拠点を作り上げることを目指す活動として「東京マガジンバンクカレッジ」を展開しています。図書館と一緒に活動している「パートナー」の方に展示を作っていただきました。パートナーさん渾身の展示をご覧ください。

東京マガジンバンクカレッジパートナー編

各年のベストセラーと創刊号

各雑誌の平成振り返り特集編

様々なジャンルの雑誌での平成を総括する特集

パートナー企画
 スポーツライター・スポーツジャーナリスト 生島淳さんセレクト
 「平成のスポーツをマガジンで読む」

東京マガジンバンク カレッジパートナーであり、スポーツライター・スポーツジャーナリストの生島淳さんに、「スポーツ編」の展示について、ご協力いただきました。

P1070039.JPGのサムネイル画像 

ミライ

AI(人工知能)やIoTといった第4次産業革命の進展は、私たちの働き方やライフスタイルに大きな影響を与え、様々な社会問題等の解決に役立つことが期待されています。一方、人口減少や国際競争力の低下など、未来の社会に影を落とす要因も少なくありません。
私たちの未来はどのようになっていくのでしょう。
2020年や、その先の未来を予測している雑誌をご紹介します。

ミライの予測編

2020年や、その先の未来を予測している雑誌

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。