ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

東京マガジンバンクカレッジ 多摩セクションの講演会「教科書から辿(たど)る多摩の中世」 と地域散歩「兵(つわもの)の跡を歩く〜東村山を中心として〜」の当日の様子をお知らせします。

2018年9月 3日

2019年3月8日更新

多摩地域には、源平の争乱や南北朝の動乱等に関する歴史遺産が多数存在します。今回は、経験豊富な講師から教科書の記述に基いた中世の多摩についてお話いただくと共に、講演に登場した歴史の舞台を巡る地域散歩を行いました。
当日の概要をお伝えします。

開催日時

平成30年10月20日(土)
講演会 午前9時30分から午前11時30分まで
地域散歩 午後1時から午後5時まで

講師

仙田 直人(せんだ なおと)氏
品川女子学院校長、前東京都立三鷹中等教育学校長、前全国歴史教育研究協議会長、中央教育審議会教育課程部会社会・地理歴史・公民ワーキンググループ委員

講演会「教科書から辿(たど)る多摩の中世」

会場

東京都立多摩図書館2階セミナールーム 

講演会の様子

平安末期から鎌倉・室町時代に至る中世の多摩についてお話いただきました。武蔵武士団の活躍や今に残る歴史遺産等、多摩地域の身近な史跡を教科書の記述に結び付けた、わかりやすく面白いエピソードが盛り沢山でした。

講演会の様子

講師は時折、参加者に質問を投げかけ、会場を巻き込みながら講演を進めていきました。参加いただいた方の中には、多摩地域の歴史に詳しい方も見受けられ、講師の問いかけに即座に応じたり、質疑応答で積極的に発言する姿がみられました。
アンケートでは「わかりやすく明快であった」「あらためて歴史を勉強しなおそうと思った」といった意見が多数寄せられました。

tamachuusei4.JPG

講演会の様子

資料展示

会場後方に講師著作、多摩の中世に関する資料及び多摩の地域情報誌を展示しました。 講演会開始前及び終了後に、展示資料を手に取る参加者の姿が多数見られました。

地域散歩「兵(つわもの)の跡を歩く〜東村山を中心として〜」

コース

西武新宿線・西武園線・国分寺線「東村山」駅西口(集合)→東村山停車場の碑→ 正福寺千体地蔵堂→八国山緑地(将軍塚、元弘青石塔婆所在跡碑)→ 久米川古戦場跡→徳蔵寺板碑保存館→久米川宿→豊島屋酒造→鎌倉古街道→ 「東村山」駅東口(解散)

地域散歩の様子

午前中の講演会に登場した東村山を中心とした多摩の史跡を、講師と共に歩きました。
午前中の講義の直後に講師の解説付きで現地を訪ねたことで、各史跡や歴史に対する理解を深めることができました。

地域散歩の様子

地域散歩の様子

雑誌の作成

東京マガジンバンクカレッジのコンセプトである「雑誌の魅力を知る・創る・伝える」取組の一つとして、地域散歩にご参加いただいた皆さまのおすすめスポットをまとめた雑誌を作成しています。
完成しましたら、ホームページにて公開いたします。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。